ニュース
» 2014年10月24日 10時30分 UPDATE

FAニュース:ゼネテックの産業用ロボットオフライン教示システム、不二越製ロボットに対応

産業用ロボットオフライン教示システム「Robotmaster」は、Mastercamの多彩なツールパス作成機能を利用し、各種産業用ロボットの動作プログラムを作成するオフラインティーチングシステム。今回、新たに不二越の軽量コンパクトロボット「MZ07」に対応した。

[MONOist]

 ゼネテックは2014年9月29日、3次元CAD/CAMシステム「Mastercam」上で動作する産業用ロボットオフラインティーチングシステム「Robotmaster」が、新たに不二越製ロボット(NACHI)に対応したと発表した。

 Robotmasterは、Mastercamの多彩なツールパス作成機能を利用し、各種産業用ロボットの動作プログラムを作成するMastercamベースの「次世代型」オフラインティーチングシステム。カナダのJABEZ Technologiesが開発したもので、複雑な3次元的動作も短時間で正確なプログラミングができる。

 また、初心者でも扱える直感的な操作性により、ロボットの動作プログラムの出力やティーチングペンタントによるオンラインティーチングでは困難なワーク、周辺構造物との干渉、リミットオーバーの検出・修正が簡単にできる。さらに、一度作成した動作プログラムを臨機応変に変更できる他、再利用も容易にできる。

 既に、川崎重工・安川電機(MOTOMAN)・三菱電機・KUKA・ABBなど、国内外の複数のロボットメーカーをサポートしているが、今回、新たに国内主要ロボットメーカーの1つである不二越のロボット「MZ07」に対応した。MZ07は、世界最速とされる動作性能を誇る軽量コンパクトロボット。

 価格は240万円からで、Mastercamを所有していない場合は別途購入が必要となる。同社では今後、パナソニック製ロボットのサポートなど、対応機種・機能をさらに拡充していくという。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.