ニュース
» 2014年10月24日 10時50分 UPDATE

ET2014 開催直前情報:「コンパイラでこれだけ変わる!?」――IARが最新の組み込みソリューションを展示

2014年11月19〜21日の3日間、パシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2014/組込み総合技術展」において、IARシステムズはM2MやIoT、機能安全規格などに関連するソリューションを展示する他、「ミニ技術セミナー」も開催する。

[MONOist]
120_rk_141023_iar.jpg

 2014年11月19〜21日の3日間、パシフィコ横浜で組み込み関連の最先端テクノロジーや基盤技術が多数集結する「Embedded Technology 2014/組込み総合技術展(以下、ET2014)」が開催される。

 ET2014の開催に先立ち、アイティメディアが運営する組み込み/エレクトロニクス関連メディア「MONOist」「EE Times Japan」「EDN Japan」では、ET2014の特設ページをオープンし、来場予定者や来場検討されている方々に向け、注目企業の見どころ情報を開催直前までお届けしていく。また、会期中・会期後も速報やリポート記事を多数掲載する予定なので期待してほしい。

 本稿では IARシステムズ(IAR)の展示内容について紹介する。組み込み用のソフトウェア開発環境を提供している同社は、産業イーサネットやセンサーネットワーク、車載・産業機械向け機能安全、ARMコア開発に関するソリューションの展示を行う。また、「マイグレーション」「消費電力の見える化」「コンパイラによる性能改善」などのさまざまなテーマを扱う「ミニ技術セミナー」も開催する。

>>3メディア合同「ET2014特集」

さまざまな組み込みソリューションの展示に加え、セミナーも開催

rk_141023_iar01.jpg IARシステムズの開発ツール「IAR Embedded Workbench」(クリックで拡大)

 M2MやIoTをテーマにしたブースでは、産業イーサネットやセンサーネットワークに関するソリューションが展示される。さらに、車載・産業機器向けの機能安全ソリューションを展示するブースでは、機能安全の国際規格IEC 61508や、自動車向け機能安全規格であるISO 26262に対応するコンパイラを中心とした新製品紹介も行う予定だ。また、ARMコア全般の開発に関するソリューションを展示するブースでは、ARMの「Cortex-M7」に対応する同社開発環境を中心に、ローコストキットをスタートアップさせるまでのトレーニングも開催されるという。

rk_141023_iar02.jpg 「ミニ技術セミナー」の詳細(クリックで拡大)

 さらに、ARMのCPUやルネサスエレクトロニクスのMCUを利用しているユーザーに加え、機能安全やIoT関連のソリューションを検討しているユーザーなどを対象に、約15分間の「ミニ技術セミナー」も開催する(予約不要)。同セミナーは「短期間IoT開発でのノウハウを伝授!」「ARM用開発環境IAR Emebeded Workbench for ARM簡単導入セミナー」など、9つのさまざまなプログラムが用意されている。

 今回の展示についてIARは、「Cortex-R/Aといったミドル〜ハイエンドの組み込みマイコンを使うユーザーにも活用できるソリューションを展示する」としており、さらには「コンパイラだけでこれほど性能が変わるのか?」(同社)というデモも用意したとしている。

Embedded Technology 2014/組込み総合技術展(ET2014)

展示会名 Embedded Technology 2014/組込み総合技術展(ET2014)
会期 2014年11月19日(水)〜21日(金)
時間 10:00〜17:00(20日(木)のみ18:00終了)
会場 パシフィコ横浜
公式サイト http://www.jasa.or.jp/et/ET2014/
IARシステムズ ブースNo. F-09

特集:Embedded Technology 2014

特集ページはこちらから

関連キーワード

組み込み | ARM | センサーネットワーク | Cortex | M2M


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.