ニュース
» 2014年10月27日 07時30分 UPDATE

FAニュース:日本精工、ねじ駆動時の騒音を低減する「高速・静音IIボールねじ」を開発

ねじ溝設計の最適化と生産技術開発による転走音対策により、ボール転走時の騒音が大幅に低減。機台との共鳴・共振音の静音化に対応できる。

[MONOist]

 日本精工は2014年10月3日、ボールねじ駆動時の騒音を大幅に低減した「高速・静音IIボールねじ」を開発したと発表した。

 高速・静音IIボールねじは、ねじ溝設計の最適化と生産技術開発による転走音対策により、ボール転走時の騒音が大幅に低減した。これにより、産業機器の小型化・軽量化の進行で課題となっていた、機台との共鳴・共振音の静音化に対応できる。

 また、ボール循環音を低減した同社の「高速・静音ボールねじ」と併用することで、機械の騒音をより抑えることができる。

 主に、工作機械/液晶・半導体製造装置/電子部品実装機/射出成型機/搬送装置などの各種生産設備と、医療機/免振装置などの各種装置向けで、発売は2015年1月の予定。同社では、2016年には40億円の売り上げを目指すとしている。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

FA


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.