ニュース
» 2014年10月27日 12時30分 UPDATE

車載情報機器:新型「レガシィ」の純正ナビは専用スマホアプリと連携、MirrorLinkにも対応

富士重工業の新型「レガシィ」は純正カーナビゲーションシステムも刷新した。静電容量タッチパネルの採用によって操作系を変更し、専用スマホアプリ「STAR LINK」との連携やMirrorLinkへの対応が可能な新機能を搭載した。

[朴尚洙,MONOist]
新型「レガシィ」の純正カーナビゲーションシステム

 富士重工業が2014年10月24日に発売した新型「レガシィ」は、同社が得意とする四輪駆動システムによる走行性能や、運転支援システム「EyeSight」に代表される安全性能などの機能的価値だけでなく、外観や内装、数値化しづらい走りの気持ち良さといった情緒的価値を重視した車両となっている(関連記事:新型「レガシィ」が目指す情緒的価値の実現、走りでも「質感」にこだわる)。

 新型レガシィの情緒的価値を高める施策の1つとして、純正カーナビゲーションシステムも刷新された。

 まず操作系については、マルチタッチが可能な静電容量タイプの7インチタッチパネルを採用した。これによって、フリック、ピンチイン/ピンチアウト、ズームイン、ズームアウトといったスマートフォンと同様の操作を行えるようになった。またタッチパネル周辺のスイッチ類も静電容量タイプとなっているので、タッチだけで操作が完結する。

新型「レガシィ」の純正カーナビゲーションシステム 新型「レガシィ」の純正カーナビゲーションシステム(クリックで拡大) 出典:富士重工業

 乗員のスマートフォンにダウンロードした専用のスマートフォンアプリ「STAR LINK」と連携する機能も備えた。USBもしくはBluetoothを使ってスマートフォンを接続すれば、カーナビ側でニュース配信や天気情報配信といったスマートフォンアプリを利用できるようになる。さらにスマートフォンの操作をカーナビのタッチパネルで行えるようにする通信規格のMirrorLinkにも対応した。

sp_141027fhi_02.jpgsp_141027fhi_03.jpgsp_141027fhi_04.jpg 左側の写真は、新型「レガシィ」の純正カーナビとスマートフォンを接続する際の画面。「STAR LINK」とMirrorLinkを選択できるようになっている。中央の画面はSTAR LINKで利用可能なアプリの選択画面。まだ選択肢が少ないが「順次拡充させていく」(富士重工業)という。右側の写真は天気情報アプリの画面(クリックで拡大)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.