ニュース
» 2014年10月28日 15時50分 UPDATE

製造マネジメントニュース:ホンダが2014年度通期業績予想を下方修正、日本と中国で苦戦

ホンダは、2014年度(2015年3月期)第2四半期(7〜9月期)の連結業績を発表するとともに通期連結業績予想を下方修正した。修正理由は、日本と中国の厳しい事業環境における販売台数の減少である。

[MONOist]
ホンダが2014年度通期業績予想を下方修正、日本と中国で苦戦

 ホンダは2014年10月28日、2014年度(2015年3月期)第2四半期(7〜9月期)の連結業績を発表した。売上高は前年同期比4.3%増の3兆147億円、営業利益が同4.1%減の1644億円、税引き前利益が同8.6%増の1798億円、純利益が同17.8%増の1418億円。アジアにおける四輪車の新車投入やコストダウン効果などの増益要因があったものの、北米や日本における販売台数の減少などにより営業利益は前年同期比で減少した。

 2014年度上期(4〜9月期)の連結業績は、売上高が前年同期比4.8%増の6兆30億円、営業利益が同1.6%増の3624億円、税引き前利益が同12.1%増の3786億円、純利益が同18.7%増の2884億円となった。

四輪事業の通期販売台数予想は21万台減の462万台

 同社は2014年度の通期連結業績予想も下方修正した。売上高は前回発表(2014年7月29日)比で500億円減の12兆7500億円、営業利益は据え置いて7700億円、税引き前利益は同100億円増の7650億円、純利益は同350億円減の5650億円となる。売上高と純利益を下方修正した主因は、日本と中国の厳しい事業環境における販売台数の減少である。

 業績予想の下方修正に併せて通期販売台数予想も修正した。ホンダグループ全体で、二輪事業は前回発表比13万台減の1795万台、四輪事業は同21万台減の462万台、汎用パワープロダクツ事業は同15万台減の618万5000台。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.