ニュース
» 2014年10月29日 15時30分 UPDATE

3Dプリンタニュース:立体コピーが可能に!? スキャナー機能搭載のパーソナル3Dプリンタ「ダヴィンチ 1.0 AiO」 (1/2)

XYZプリンティングジャパンは、スキャナー機能を搭載したパーソナル3Dプリンタ「ダヴィンチ 1.0 AiO」の国内販売を発表した。価格は 11万9800円(税込)で、販売開始は2014年11月中旬を予定する。

[八木沢篤,MONOist]
XYZプリンティングジャパン

 台湾Kinpoグループ傘下のXYZprintingの日本法人であるXYZプリンティングジャパンは2014年10月29日、スキャナー機能を搭載したパーソナル3Dプリンタ「ダヴィンチ 1.0 AiO」を同年11月中旬に販売すると発表した。

 販売価格は11万9800円(税込)。大手家電量販店やECサイトの他、販売代理店から購入できる。

 同社 ゼネラルマネージャーの吉井宏之氏は「パーソナル3Dプリンタ製品で、スキャナー機能を搭載した複合機を一般消費者向けに販売するのは世界初。これまで3Dプリンタを使いこなすにはモデリングのスキルが必要だったが、この製品によりそれが不要になる」とアピール。同製品は同年9月にドイツ ベルリンで開催された「IFA 2014」のメディア向けイベント「ShowStoppers IFA」において、“Innovation & Design Award 2014”を受賞し、国内発表が待たれていた(関連記事:スキャナ機能搭載の3Dプリンタ「ダヴィンチ 1.0 AiO」が“Innovation & Design Award 2014”を受賞)。

スキャナー機能を搭載したパーソナル3Dプリンタ「ダヴィンチ 1.0 AiO」 スキャナー機能を搭載したパーソナル3Dプリンタ「ダヴィンチ 1.0 AiO」。本体前面の操作用液晶パネルに表示されるメニューは日本語(カタカナ)対応済み。PCとの接続はUSB 2.0で、Windows 7以降、Mac OS X 10.8以降のPCに対応する

スキャン機能だけでなく、PLA対応も

XYZプリンティングジャパン ゼネラルマネージャー 吉井宏之氏 XYZプリンティングジャパン ゼネラルマネージャー 吉井宏之氏

 同製品の出力方式は、熱溶解樹脂積層方式(FFF:Fused Filament Fabrication)で、最大造形サイズは200×200×190mm。スキャナー用のターンテーブルが造形エリア(ベッド)の下部に付いた関係で、「ダヴィンチ 1.0」よりも造形サイズの高さ方向が10mmほど短くなっている。また、使用できるフィラメントは従来のABS樹脂に加え、同製品からPLA(ポリ乳酸)をサポートする。

 「3Dプリントに関する基本的なスペックはダヴィンチ 1.0と同等。今回から新たにサポートしたPLAのフィレメントについては、11月中旬からクリア、ホワイト、ブラック、ブルー、レッドの順に発売する予定だ。最終的にはABS樹脂と同じ13色を展開したい」(吉井氏)。ちなみに、既存ユーザー向けにPLA対応オプションパーツの提供も検討中とのことだ。


スキャナー用のターンテーブルが付いた スキャナー用のターンテーブルが付いた

 一方、スキャナー機能は、200万画素のカメラとレーザーダイオードモジュールを2セット用いた「デュアルスキャンエンジン」を搭載し、スキャン精度0.2mm(200μm)を実現。3Dプリント出力を行うベッドの下側の空間に、スキャン用のターンテーブルが位置し、筺体の両脇部分にスキャナー(×2)が搭載されている。スキャン可能なサイズは150×150mmで、4分50秒ほどで3DデータとしてPCに取り込むことができる。なお、ターンテーブルは重さ3kgまで耐えられるとのこと。「約80万ポリゴンまでいける。高価なハイエンド3Dスキャナーには及ばないが、同価格帯のパーソナル製品の中では十分な精度を出せる」(吉井氏)という。

サンプル1サンプル2サンプル3 (左)丸みのあるモノは比較的スキャンしやすい【右が3Dプリントした造形物】/(中)PLAで出力した例【右が3Dプリントした造形物】/(右)光沢のあるモノはスキャンが困難なのでゴムスプレーなどを吹き付けて光沢を抑えることで精度が増す【左が3Dプリントした造形物】 ※画像クリックで拡大表示

 同製品には、PC用のスライスソフト「XYZware」に加え、スキャナー専用ソフト「XYZscan」が提供される。スキャンされたデータは自動補修機能により整えられ、同社独自のファイル形式(*.das)でXYZscan上に取り込まれる。ユーザーは、XYZscan上のGUIで簡単に大きさや表面の滑らかさを調整することが可能。編集後、そのまま3Dプリント(その場合、XYZwareが起動する)したり、いったんSTLファイルで保存したりすることができる。STLを編集できるツールを別途用意すれば、スキャンしたものにアレンジを加えることも可能だ。

XYZscan1XYZscan2 (左)「XYZscan」について/(右)「XYZscan」の機能 ※画像クリックで拡大表示

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.