ニュース
» 2014年10月29日 10時00分 UPDATE

ET2014 開催直前情報:IoT/M2Mの実現をサポートするワンストップソリューション――ディジ インターナショナル

2014年11月19〜21日の3日間、パシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2014/組込み総合技術展」において、ディジ インターナショナルは、組み込みモジュールなどを使った、さまざまなM2M/IoTの活用シーンにフォーカスしたデモや製品展示を行う。

[MONOist]
120_rk_141027_et_digi.jpg

 2014年11月19〜21日の3日間、パシフィコ横浜で組み込み関連の最先端テクノロジーや基盤技術が多数集結する「Embedded Technology 2014/組込み総合技術展(以下、ET2014)」が開催される。

 ET2014の開催に先立ち、アイティメディアが運営する組み込み/エレクトロニクス関連メディア「MONOist」「EE Times Japan」「EDN Japan」では、ET2014の特設ページをオープンし、来場予定者や来場検討されている方々に向け、注目企業の見どころ情報を開催直前までお届けしていく。また、会期中・会期後も速報やリポート記事を多数掲載する予定なので期待してほしい。

 本稿ではディジ インターナショナルの展示内容について紹介する。IoT(モノのインターネット)を実現するため、製品とサービスをワンストップソリューションとして提供する同社は、組み込みモジュールを利用するさまざまなIoTの活用シーンにフォーカスしたデモンストレーションや、各種組み込みネットワーク機器を展示する。

>>3メディア合同「ET2014特集」

IoT/M2Mを実現するワンストップソリューション!

rk_141027_digi01.jpg ディジ インターナショナルが展示するソリューションの概略図(クリックで拡大)出典:ディジインターナショナル

 ディジ インターナショナルは、M2Mネットワークが世界的に急成長する中で、M2M/IoTによるデータの管理/制御を実現するための機器や技術、サービスを提供している。同社のブースでは、Wi-Fi、ZigBee/802.15.4、Bluetooth、3G/4Gなどの無線ネットワークを搭載した組み込み製品が展示される。こうした製品とルータ、ゲートウェイ、ならびにクラウドコンピューティングプラットフォーム「Device Cloud by Etherios」を融合させたソリューションも紹介される予定だ。

rk_141027_digi02.jpg システム・オン・モジュール「ConnectCore 6」(クリックで拡大)出典:ディジ インターナショナル

 製品ではARM Cortex-A9をベースとしたワイヤレスコネクティビティ内蔵のシステム・オン・モジュール「ConnectCore 6」の他、各種組み込みネットワーク機器を展示する。デモンストレーションでは、エネルギー、医療・ヘルスケア、交通・運輸などの分野におけるIoTの実用事例が、ディジ インターナショナルの機器とクラウドを用いて紹介される。

 ディジ インターナショナルは今回の展示について、「今後、組み込みに関するエンジニアは、製品の長期供給、小ロット提供可能、工業温度、産業用グレードへの対応などを迫られる。ディジ インターナショナルの製品は、あらゆる産業分野や過酷な環境での使用を想定して開発されている点をアピールしたい」とし、「展示している製品やサービスをすぐに試用・テストでき、スムーズに導入できる安価な評価・開発のプラットフォームの存在も知っていただきたい」としている。また、会場限定で組み込み無線ネットワークを容易に構築する開発キットを台数限定にて、特別価格提供する予定だ。

Embedded Technology 2014/組込み総合技術展(ET2014)

展示会名 Embedded Technology 2014/組込み総合技術展(ET2014)
会期 2014年11月19日(水)〜21日(金)
時間 10:00〜17:00(20日(木)のみ18:00終了)
会場 パシフィコ横浜
公式サイト http://www.jasa.or.jp/et/ET2014/
日本 AMD ブースNo. C-33

特集:Embedded Technology 2014

特集ページはこちらから

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.