ニュース
» 2014年10月29日 11時26分 UPDATE

ET2014 開催直前情報:IoTしたい?ならばArmadilloにおまかせだ――アットマークテクノ

2014年11月19〜21日の3日間、パシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2014/組込み総合技術展」において、アットマークテクノは新製品「Armadillo-IoT」でIoTに気軽に取り組める環境を紹介する。

[MONOist]
photo

 2014年11月19〜21日の3日間、パシフィコ横浜で組み込み関連の最先端テクノロジーや基盤技術が多数集結する「Embedded Technology 2014/組込み総合技術展(以下、ET2014)」が開催される。

 ET2014の開催に先立ち、アイティメディアが運営する組み込み/エレクトロニクス関連メディア「MONOist」「EE Times Japan」「EDN Japan」では、ET2014の特設ページをオープンし、来場予定者や来場検討されている方々に向け、注目企業の見どころ情報を開催直前までお届けしていく。また、会期中・会期後も速報やリポート記事を多数掲載する予定なので期待してほしい。

 本稿ではアットマークテクノの展示内容について紹介する。組み込み関連の業界でも大きな話題となっているIoT(Internet of Things)だが、実際の構築となるとまだまだ手探りの状態。同社では新製品のIoTゲートウェイ「Armadillo-IoT」を用い、「つなげる・つながる」を実感できる展示やデモを行う。

>>3メディア合同「ET2014特集」

IoTゲートウェイ「Armadillo-IoT」でつなげる・つながる

 アットマークテクノブースでは、日本システムウエアの「Toami」、NTTPCコミュニケーションズの「フィールドクラウド M2Mクラウドプラットフォーム」など、各社クラウドプラットフォームにも対応する新製品のIoTゲートウェイ「Armadillo-IoT」を用いて、無線から空調や照明を操作するホームコントローラーの動作デモを行うほか、既存製品であるArmadillo-800シリーズでの顔認識やGUIのデモなどの各種展示も行う。

photo IoTゲートウェイ「Armadillo-IoT」はアドオンオンモジュールの搭載で容易に機能追加が行える

 アットマークテクノでは2002年より提供するCPUボード「Armadillo」を軸としながら、ボートの機能向上のみならず、サポート体制の拡張を始めとした周辺環境の充実を進めており、「知識と経験が必要とされるCPU周辺部分をArmadilloで置き換えて頂くことで、お客様の開発の手間を軽減し、アプリケーション開発に注力できる環境を提供します」と近年の取り組みについて述べている。

 加えて会期中に開催されるカンファレンス(トラック「IoT-8」)では、同社エンジニアが「総解説・IoTを支える技術〜ハードウェアからクラウドまで、要素技術を総ざらい〜」と題した講演を実施する。IoTについて、組み込みエンジニアが知っておくべき知識や用語を解説する予定だ。

 また、今回のET展ではArmadilloを中心として、「パートナー企業との連携も含め、量産規模の大小にかかわらず広い視野からお客様のモノづくりをサポートするサービスの拡充を進めています。本気でモノづくりをしたいという方には、ぜひArmadilloでの“地に足のついたモノづくり”のイメージをお伝えしたいと思います」とモノづくり支援の具体的なイメージを伝える展示内容にするとしている。

Embedded Technology 2014/組込み総合技術展(ET2014)

展示会名 Embedded Technology 2014/組込み総合技術展(ET2014)
会期 2014年11月19日(水)〜21日(金)
時間 10:00〜17:00(20日(木)のみ18:00終了)
会場 パシフィコ横浜
公式サイト http://www.jasa.or.jp/et/ET2014/
アットマークテクノ ブースNo. F-02

特集:Embedded Technology 2014

特集ページはこちらから

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.