ニュース
» 2014年10月30日 08時00分 UPDATE

FAニュース:アマダが旋盤事業をDMG森精機に譲渡

アマダとDMG森精機は、アマダの100%子会社であるアマダマシンツールの旋盤事業をDMG森精機に譲渡することを発表した。

[MONOist]
photo

 アマダとDMG森精機は2014年10月27日、アマダの100%子会社であるアマダマシンツールの旋盤事業を2015年4月1日にDMG森精機に譲渡することを発表した。

 アマダの旋盤事業は、1937年に鷲野興業が旋盤の製造販売事業を創業したことに始まり、1978年にアマダとの業務提携によりアマダグループの旋盤事業となった。現在はアマダマシンツールの工作機械事業の旋盤部門として事業展開している。同部門は高精度小型旋盤を中心に自動車部品、光学業界向けに汎用製品のみならず特殊機対応に積極的に取り組み、ワシノブランドを確立している。

 DMG森精機では、今後、「DMG森精機ワシノ株式会社」を設立し、小型旋盤事業の専門企業としてワシノブランドを継承。DMG森精機における工作機械製品の品ぞろえを拡充していく狙いだ。また、従来は国内中心だったワシノブランド製品のグローバル展開を進めていく方針だとしている。

 製品についてはDMG森精機の奈良事業所で生産を計画している。また小型旋盤に対する、開発、生産、販売、エンジニアリング、サービスでの人員については新たに100人規模の人員を採用する計画だという。

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.