ニュース
» 2014年10月31日 10時30分 UPDATE

CerevoやABBAlabも協力:機材総額は5億円! DMMが試作から量産まで可能なベンチャー支援施設を開設 (1/2)

DMM.comは富士ソフト秋葉原ビル内に、モノづくりに取り組むベンチャー企業の支援を目的とした施設「DMM.make AKIBA」を開設すると発表。製品の試作や開発、各種耐久試験に必要な総額約5億円の機材を備えており、シェアオフィスの運営やコンサルティングも行っていくという。

[陰山遼将,MONOIst]
120_rk_141030_dmm.jpg

 DMM.comは2014年10月31日、富士ソフト秋葉原ビル(東京都千代田区)内に、モノづくりに取り組むベンチャー企業の支援を目的とした施設「DMM.make AKIBA」を開設すると発表した。製品の試作や開発、各種耐久試験に必要な総額約5億円の機材を備えており、シェアオフィスの運営やコンサルティングも行っていくという。同日より事前登録をスタートし、2014年11月11日から正式にオープンする。

 また、DMM.make AKIBAには家電ベンチャーのCerevo(セレボ)と、ベンチャー企業への投資や支援を手掛けるABBALab(アバラボ)が入居し、DMM.comと施設の共同運営を行う。Cerevoが施設の利用者に向けてハードウェア開発のノウハウを提供し、ABBALabがスタートアップ企業やエンジニア向けたビジネスの構築支援プログラムを提供するという。

製品の試作開発や検証、量産までが可能に

rk_141030_dmm01.jpg 「DMM.make AKIBA Studio」の内部の様子(クリックで拡大)出典:DMM.com
rk_141030_dmm02.jpgrk_141030_dmm03.jpgrk_141030_dmm04.jpg 「DMM.make AKIBA Studio」に設置されている機材の一部(クリックで拡大)出典:DMM.com

 DMM.make AKIBAは富士ソフト秋葉原ビル内の10〜12階の3フロアを利用。10階の「DMM.make AKIBA Studio」(以下、Studio)には、試作品の開発に必要な機材に加え、耐衝撃、防水といった各種試験までが行える機材が導入されている。電子部品の表面実装を行える装置も設置されており、小規模の量産も可能だという。こうした機材の導入はCerevoが監修を行った。また、3D CADを利用できる部屋も用意されている。

rk_141030_dmm05.jpgrk_141030_dmm06.jpgrk_141030_dmm07.jpg 「DMM.make AKIBA Studio」に設置されている機材の一部(クリックで拡大)出典:DMM.com
rk_141031_dmm09.jpg 水圧の耐久性能を測定できる機器も(クリックで拡大)DMM.com

 Studioに設置されている機材は、DMM.make AKIBAの会員であれば自由に使うことができる。専属スタッフが常駐しており、操作に一定の知識や技術が必要な設備についてはスタッフがサポートを行う。また、操作に関するワークショップを受講しライセンスを取得すれば、設備を会員が自分で操作することも可能だ。

 Cerevoの代表取締役を務める岩佐琢磨氏は「製品の耐久試験や検証に必要な計測器などの機器はとても高額なため、ベンチャー企業が気軽に利用することは難しかった。Studioには、実際の工場で使われている、本物の機材が導入されている。数百台であれば量産も可能」と説明する。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.