ニュース
» 2014年11月04日 15時30分 UPDATE

JIMTOF2014:工作機械にタッチパネル操作を! CELOSで操作性と生産性を高めるDMG森精機

DMG森精機は「第27回日本国際工作機械見本市(JIMTOF 2014)」において、独自のオペレーティングシステム「CELOS」で操作性を一新した多彩な工作機械ラインアップを紹介した。

[長町基,MONOist]
photo

 DMG森精機は「第27回日本国際工作機械見本市(JIMTOF 2014)」(2014年10月30〜11月4日、東京ビッグサイト)において、白を基調とした新デザインコンセプトで統一した5軸加工機、複合加工機、CNC旋盤、3D精密レーザ加工機などの最新機種を展示した。これら製品の大半には新しく開発したオペレーティングシステム「CELOS(セロス)」を採用している。

 斬新なデザインと、工作機械業界初となるタッチパネルによる機械操作を実現したCELOSは、工作機械を操作する操作盤「ERGOlineTough」(ハードウェア)に搭載。同システムは、Windows 7をベースとして開発されており、最適なタッチパネル操作など従来の操作システムに比べて使い勝手を大きく高めていることが特徴だ。製品のアイデアを完成品に仕上げるまでの工程を簡単な操作で実現でき、段取り時間を含めた加工時間の大幅な短縮に貢献する。また、各種システムとの連携や多種多様なアプリケーションの拡張など、同社独自の最新技術と業界初となるさまざまな機能により、現在使用されている工作機械の操作性を画期的に変えることができるという。

photo 工作機械業界初となるタッチパネルによる機械操作を実現したCELOSのデモ(クリックで拡大)

 一方、同年9月に販売を開始した高精度・高速横型マシニングセンタNHX4000/5000の第2世代は従来機から主軸の信頼性を向上させ、肉厚なベッドを採用、剛性を高め、機械の基本構造を強化した。これにより横型マシニングセンタに求められる高速性と高精度を高いレベルで実現している(関連記事:DMG森精機、高精度・高速横型マシニングセンタの第2世代を発売)。

 さらにCELOSアプリケーションにより、生産指示データや工程、機械データを画面上で確認できるため、効率的な生産が可能となり高い生産性を生み出すことが可能。データはネットワークを通じて加工現場と管理部門を直接つなぐことができ、ペーパーレスの生産環境を構築する。PPS(生産計画システム)やERP(企業資源計画システム)と互換性が高く、CAD/CAMシステムとの連携もできる。

 高精度・高効率4軸複合加工機NZX4000は第1刃物台にミーリング機能を標準搭載し、最大加工径φ660ミリ、最大加工長さ3000ミリを持ち、航空機のジェットエンジン用シャフトや船舶用クランクシャフト、石油・エネルギー産業向けの油井管など大径長尺ワークの重切削加工に対応する。

photo 高精度・高効率4軸複合加工機NZX4000シリーズ(クリックで拡大)

 高精度ミルターン加工機NTX1000の第2世代モデルは、もともとコンパクトであった従来機からさらに省スペースを実現しており、所要床面積は10.4平方メートルでクラス最小。だが、X軸移動量は380ミリから455ミリに、Z軸移動量は460ミリから800ミリに拡張し、クラス最大の広い加工エリアを実現した。省スペーストワイドな加工エリアにより単位面積当たりの生産性が飛躍的に向上する。また、第2刃物台の最大旋回径はφ680ミリに拡張しながらも、十分な加工スペースを確保した最適設計により、工具主軸と第2刃物台の同時加工が可能となった。

 世界初出展のNRX 2000は、新デザインコンセプトのステルスデザインと新たに開発したCOMPACTlineを搭載した、正面並行2スピンドル・2タレット旋盤。刃物台ユニットを機械正面側に配置した省スペースな設計により、機械幅は1650ミリとコンパクトで、自動車のフランジ形状部品の量産加工に最適な機械となっている。

第27回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2014)特集

第27回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2014)

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

関連キーワード

切削加工 | JIMTOF | FA | 生産技術 | 操作盤


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.