ニュース
» 2014年11月05日 18時32分 UPDATE

ET2014 開催直前情報:多彩なIPコア製品からM2Mまで幅広く紹介、富士ソフト

2014年11月19〜21日の3日間、パシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2014/組込み総合技術展」。富士ソフトはFPGAソリューションを中心に多彩なIPコア製品からM2Mまでを幅広く紹介し、来場者の課題解決につなげるとしている。

[MONOist]
photo

 2014年11月19〜21日の3日間、パシフィコ横浜で組み込み関連の最先端テクノロジーや基盤技術が多数集結する「Embedded Technology 2014/組込み総合技術展(以下、ET2014)」が開催される。

 ET2014の開催に先立ち、アイティメディアが運営する組み込み/エレクトロニクス関連メディア「MONOist」「EE Times Japan」「EDN Japan」では、ET2014の特設ページをオープンし、来場予定者や来場検討されている方々に向け、注目企業の見どころ情報を開催直前までお届けしていく。また、会期中・会期後も速報やリポート記事を多数掲載する予定なので期待してほしい。

 本稿では富士ソフトの展示内容について紹介する。同社ブースではFPGAソリューションを中心にニーズの高いテーマを厳選して紹介することで、来場者の課題解決につなげるとしている。

>>3メディア合同「ET2014特集」

多彩なIPコア製品からM2Mまでを幅広く紹介

 同社ブースでは組み込みソリューションとして、東京工業大学准教授 實吉敬二氏のアルゴリズムをベースに補正校正からステレオマッチング・物体検知までを実現したステレオビジョンIPや6Gbps対応のSATA/SAS IPコア、Androidの描画処理でボトルネックになる部分をFPGAブロックでハードウェア化したグラフィックアクセラレータなどを展示する他、FPGAでH.265のリアルタイムデコードが可能なH.264/265 IPコアも参考展示する。

photo ET2014 富士ソフトブース(イメージ)

 M2Mソリューションとしては車両ならび運転者の情報を統合的にセンサー情報源とし、得られたデータをクラウド越しに遠隔解析を実施する運転解析サービスと、産業機器のエッジデバイス情報を半リアルタイムにモニタリングする「お手軽M2M」なども紹介する。

 また、ブースにはソフトウェアとハードウェアのIP、IPの組み込みを担当するシステムインテグレーターの対応実績、販売代理店の販売対応実績など、組み込みシステムとIPのマッチングに関する有益な情報を集約したコミュニティーサイト「Embedded IP Community」についての紹介コーナーも設ける。

Embedded Technology 2014/組込み総合技術展(ET2014)

展示会名 Embedded Technology 2014/組込み総合技術展(ET2014)
会期 2014年11月19日(水)〜21日(金)
時間 10:00〜17:00(20日(木)のみ18:00終了)
会場 パシフィコ横浜
公式サイト http://www.jasa.or.jp/et/ET2014/
富士ソフト ブースNo. A-06

特集:Embedded Technology 2014

特集ページはこちらから

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.