ニュース
» 2014年11月06日 07時00分 UPDATE

FAニュース:日本精工、工作機械主軸軸受け用グリース「RACEGRD」を開発

高荷重条件下における潤滑性能が向上し、従来製品と比べて5倍の耐焼き付き性能を持つという。軸受けに封入したグリースの漏えい量や運転中の温度変動も低減し、グリース寿命の延長や高精度な運転が可能だ。

[MONOist]

 日本精工は2014年10月16日、高速・高荷重条件での運転を可能にする、工作機械の主軸軸受け用グリース「RACEGRD(レースガード)」を開発したと発表した。

photo

 現在、自動車部品加工機の主軸では、環境配慮や省エネ化の観点からグリース潤滑の需要が高まっているという。グリース潤滑が主流の汎用マシニングセンタでは、小型化と耐荷重性能の向上も求められている。

 RACEGRDは、高荷重条件下における潤滑性能が向上し、従来製品と比べて5倍の耐焼き付き性能を持つという。これにより、自動車部品加工機のオイルエア潤滑からグリース潤滑への置き換え、汎用マシニングセンタの小型化・加工効率の向上に対応できる。

 また、軸受けに封入したグリースの漏えい量が従来製品より低減した他、運転中の温度変動も低減した。特に漏えいしやすい立形主軸におけるグリース寿命の延長や、高精度な運転が可能になり、工作機械の信頼性向上にもつながるという。

 発売は2015年4月の予定で、2016年には40億円の売り上げを目指すとしている。

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

長寿命 | 工作 | FAニュース | 省エネ | 環境配慮


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.