ニュース
» 2014年11月06日 19時45分 UPDATE

製造ITニュース:SAPが初のウェアラブル端末用アプリを提供、倉庫のピッキングや機械保守を支援 (1/2)

SAPジャパンは、ウェアラブル端末の利用を実現するための拡張現実(AR)モバイルアプリケーションを新たに提供することを発表した。

[三島一孝,MONOist]
photo

 SAPジャパンは2014年11月6日、ウェアラブル端末の利用を実現するための拡張現実(AR)モバイルアプリケーションを新たに提供することを発表した。

 SAPではここ数年、主力の業務アプリケーションであるERPやCRMの情報をスマートフォンやタブレットで利用できるようにするモバイルアプリケーションの展開を強化。現在ではモバイル関連のアプリケーションとして約500のテンプレートを用意し展開しているという。

photo SAPジャパン ソリューション&イノベーション統括本部 モビリティソリューション本部 シニアモビリティスペシャリストの平垣達也氏

 今回のウェアラブル端末への対応もこのモバイル対応の一環だ。「現場でハンズフリーで利用可能なウェアラブル端末を介して、ERPなどの基幹システムの情報を利用できるようにすることで業務効率の改善を提案する」とSAPジャパン ソリューション&イノベーション統括本部 モビリティソリューション本部 シニアモビリティスペシャリストの平垣達也氏は語る。

 ウェアラブル端末用アプリは、ドイツで約10社のパートナーとともにユースケースを想定して開発を推進。パートナー企業については、製造業や倉庫関連の企業が多く「SAPのソリューションとスマートグラスを組み合わせてどういうことで業務改善ができるか」ということについて話し合いを進めているという。生産現場、メンテナンス、小売、倉庫、サービスなどの分野の内、早期に効果が見込めるという理由で、倉庫作業および、保守サービス作業を対象としたアプリの提供を決めたという。

 それぞれのプロジェクトにおいてコンセプトとなるビデオを用意。ウェアラブル端末で実現する新たな業務プロセスや理想の姿などを示した。

倉庫でのピッキング作業におけるウェアラブル端末活用の未来像(コンセプトビデオ)

フィールドサービス業務におけるウェアラブル端末活用の未来像(コンセプトビデオ)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.