ニュース
» 2014年11月07日 07時00分 UPDATE

医療機器ニュース:日立と北大が共同開発の陽子線治療システム、医療機器の製造販売承認を取得

北大の動体追跡照射技術と日立のスポットスキャニング照射技術を組み合わせることで、呼吸などで位置が変動する腫瘍でも、高精度な陽子線の照射が可能だ。

[MONOist]

 日立製作所は2014年10月23日、動体追跡照射技術を適用した「陽子線治療システム PROBEAT-RT」が、薬事法に基づく医療機器の製造販売承認を取得したと発表した。2010年に国家プロジェクト「最先端研究開発支援プログラム」の採択を受け、北海道大学と共同で開発を進めていたもので、2014年度中に同技術を適用したシステムでの治療を同大学で開始する。

 陽子線がん治療は、放射線によるがん治療法の1つ。水素の原子核である陽子を加速器で高速に加速し、腫瘍に集中して照射することでがんを治療する。脳の腫瘍など、動かない部位では集中して照射するピンポイントの治療が可能だが、肺・肝臓などの体幹部の腫瘍は呼吸などで位置が変動するため、腫瘍位置をリアルタイムで捉えて正確に陽子線を照射する技術が求められてきた。

 今回承認されたPROBEAT-RTは、北大の動体追跡照射技術と日立のスポットスキャニング照射技術を組み合わせたもの。2014年3月に承認を取得したスポットスキャニング照射技術を搭載した陽子線治療システムに、動体追跡照射技術を組み合わせることで、呼吸などで位置が変動する腫瘍でも、高精度な陽子線の照射が可能になった。また、正常部位への照射も大幅に減らせるという。

 日立と北大では、これまでコンパクトで低コストの陽子線がん治療システムの共同開発を進め、2014年3月には全体をコンパクト化したスポットスキャニング照射方式の治療システムによる治療を開始している。今回の承認取得で、世界で初めて動体追跡照射技術とスポットスキャニング照射技術の両方を搭載した陽子線治療システムによる治療が可能になった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.