ニュース
» 2014年11月10日 07時00分 UPDATE

FAニュース:日本精工、「工作機械用高機能ボールねじ」の新技術を開発

ボールねじの剛性を維持しつつ、予圧動トルクを最適化したことで、発熱量を抑え、温度上昇を従来と比べて約20%低減できる。また、ボールねじナットの位置の違いによる運動誤差を低減した。

[MONOist]

 日本精工は2014年10月24日、「工作機械用高機能ボールねじ」の新技術を発表した。NC旋盤やマシニングセンター、研削盤など、幅広い工作機械向けで、この技術を反映させた新製品のリリースは2015年春を予定している。

 今回、発表されたボールねじの新技術は、設計面・生産技術面からボールねじの予圧・剛性・発熱量・温度上昇のバランスを最適化したもの。ボールねじの剛性を維持しつつ、予圧動トルクを最適化したことで、発熱量を抑え、温度上昇を従来と比べて約20%低減できる。また、ボールねじナットの位置の違いによる運動誤差を低減した。これにより、工作機械の加工精度の向上につながるという。

 近年、工作機械市場では、「ボールねじ自体の発熱量を低減して強制冷却を省略したい」「ボールねじの運動誤差を抑えたい」といった要望が増えているという。

photo 工作機械用高機能ボールねじ
photo
photo
photo
photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.