ニュース
» 2014年11月10日 17時30分 UPDATE

ET2014 開催直前情報:「Mpression」製品が集合、マクニカは5つのゾーンでソリューション提案

2014年11月19〜21日の3日間、パシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2014/組込み総合技術展」において、マクニカは幅広く用意する「Mpression」製品を一堂に配置、デモを中心にソリューションを提案する。

[MONOist]
photo

 2014年11月19〜21日の3日間、パシフィコ横浜で組み込み関連の最先端テクノロジーや基盤技術が多数集結する「Embedded Technology 2014/組込み総合技術展(以下、ET2014)」が開催される。

 ET2014の開催に先立ち、アイティメディアが運営する組み込み/エレクトロニクス関連メディア「MONOist」「EE Times Japan」「EDN Japan」では、ET2014の特設ページをオープンし、来場予定者や来場検討されている方々に向け、注目企業の見どころ情報を開催直前までお届けしていく。また、会期中・会期後も速報やリポート記事を多数掲載する予定なので期待してほしい。

 本稿ではマクニカの出展概要を紹介する。同社ブースでは、ソフトウェアやプラットフォーム、評価ボードなどを統合した同社オリジナルブランド「Mpression」の製品が一堂に会する他、同社が今秋に立ち上げたメイカーズ向けのソリューションブランド「Mpression for MAKERS」の「画期的な開発キット」(同社)も展示する。

「Mpression」製品が集合、5つのゾーンでソリューション提案

 マクニカブースでは応用範囲ごとに5つのエリアを設け、Mpressionブランドのボードやモジュール、IPなどを使った展示やデモを行う。

 設置されるエリアは、ウェアラブルやIoTを中心とした開発支援ソリューションを紹介する「IoTエリア」、ディスプレイ開発ソリューションを紹介する「ディスプレイエリア」、車載機器開発ソリューションを紹介する「オートモーティブエリア」、プロセッサとマイコンを中心としたソリューションを展示する「SoCエリア」、機器間接続に用いるソリューションを紹介する「ネットワークエリア」の5つだ。

 昨今注目を集めるIoTやウェアラブルについては、アルテラのSoC FPGA「MAX 10 FPGA」を搭載した「Odyssey MAX10 Kit」を使ってのスマートフォン連携や、Bluetooth Smartモジュール「Koshian」対応機器によるラピッドプロトタイピングソリューションなどが紹介され、ディスプレイ開発や車載機器開発については、アルテラのSoC FPGAを搭載した開発キット「Hydra」「Nitro」「Helio」などを用いた各種アプリケーションが紹介される。

 また、展示会場内に設けられるワークショップ会場では「製品開発を加速する試作システムソリューション」と題した講演が行われる。講演日時は2014年11月19日の16:00〜16:45だ。

Embedded Technology 2014/組込み総合技術展(ET2014)

会期 2014年11月19日(水)〜21日(金)
時間 10:00〜17:00(20日(木)のみ18:00終了)
会場 パシフィコ横浜
Embedded Technology 2014/組込み総合技術展(ET2014)公式サイト http://www.jasa.or.jp/et/ET2014/
マクニカ ブースNo. A-27

特集:Embedded Technology 2014

特集ページはこちらから

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.