ニュース
» 2014年11月11日 07時00分 UPDATE

FAニュース:富士電機、グローバルスタンダード温度調節計3機種を発売

入力サンプリング周期(処理速度)を従来機種の10倍となる50msに高速化。入力精度も従来の±0.5%から±0.2%に向上し、きめ細かな制御ができる。簡易電力量モニタ機能も搭載した。

[MONOist]

 富士電機は2014年10月27日、グローバルスタンダード温度調節計「PXFシリーズ」を発売すると発表した。

 PXFシリーズは、入力サンプリング周期(処理速度)を従来機種の10倍となる50msに高速化した。入力精度も従来の±0.5%から±0.2%(測温抵抗体入力における0℃〜850℃の範囲での比較)に向上している。これにより、きめ細かな制御が可能となり、生産や加工の品質向上につながるという。

 また、高視野角・高コントラストの液晶パネル(M.V.A.液晶)を搭載する他、現在温度の表示に視認性の高い白色を採用。視認性の高い画面表示となった。体積は、同社従来製品に比べて約36%小型化(盤内奥行き58mm)した。

 さらに、同社によれば「業界初」だという簡易電力量モニタ機能や稼働時間警報機能、ユニバーサル入力機能も搭載した。設備の電力消費量を簡易的に計測できる他、保守点検時期の通知による設備の予防保全ができる。ユニバーサル入力機能では、パラメータ変更のみで複数のセンサ(熱電対・測温抵抗体・電圧・電流・mV)を切り替えられるため、保守品の在庫削減にも対応できる。

 ラインアップは、幅96mm×高さ96mm×奥行き65.7mmの「PXF9」、幅48mm×高さ96mm×奥行き65.7mmの「PXF5」、幅48mm×高さ48mm×奥行き65.7mmの「PXF4」の3種類。価格(税抜き)は、それぞれ2万9000円、1万9800円、1万4800円から。

 発売は、AC電源対応品が2014年10月27日(2015年1月出荷)、DC電源対応品とオプション機能が2015年3月31日(2015年4月出荷)の予定。同社では、アジアを中心にグローバルに展開し、2016年度にシリーズ全体で20億円の売り上げを目指す。

photo 「PXF9」「PXF5」「PXF4」

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

富士電機 | FAニュース | 小型化


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.