ニュース
» 2014年11月11日 12時00分 UPDATE

オートモーティブ メルマガ 編集後記:リコール連発のホンダ、信頼は取り戻せるのか

一度失うと取り戻すのが大変。それが信頼。

[朴尚洙,MONOist]
tt140702kobore_icon120.jpg

 この記事は、2014年11月11日発行の「オートモーティブ メールマガジン」に掲載されたMONOist/EE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。


リコール連発のホンダ、信頼は取り戻せるのか

 ホンダが2014年11月10日、2014年度に入って初となる新型車発表会を開催しました。発表した車両は5代目となる同社のフラッグシップセダン「レジェンド」です(関連記事:新型「レジェンド」は“昂ぶり”を表現、ホンダが旗艦セダンの復権目指す)。

 新型レジェンドはもともと、2014年秋にも発売される予定でした。しかし、発表会の開催日が秋というにはかなり遅い11月にずれこみ、発売日は年明けの2015年1月22日になりました。

新型「レジェンド」発表会の様子 新型「レジェンド」発表会の様子(クリックで拡大)

 ここまで遅れたのは、新開発の1モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-DCD(以下、i-DCD)」を搭載する「フィット ハイブリッド」のリコールが連続して発生し、その対策に追われたためです。この他、軽自動車の「N BOX」などでも大規模なリコールを発表しています。



 これだけリコールを連発するのには何か理由があるはずです。新型レジェンド発表会の質疑応答で、ホンダ社長の伊東孝紳氏は、「新開発のi-DCDは、モーターの能力を走行シーンに合わせて最大限に引き出すため高度な制御が必要だった。今回のことで反省すべきは、この走行シーンに合わせた制御について、テストコースでの試験が不足していたことだ」と説明しました。

 しかしこれは、i-DCD搭載車についての説明に過ぎません。もっと根本的なところに問題があるのではないでしょうか。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.