ニュース
» 2014年11月12日 07時00分 UPDATE

FAニュース:オリンパス、製造工程の部品の形状測定を効率的に行える測定顕微鏡を発売

検査対象物を載せるステージを300mm角の正方形タイプにしたことで、大型の対象物も向きを変えずに測定できる。本体台座に高剛性・高耐震性が特長の石定盤(花崗岩)を採用し、安定した高精度測定が可能に。

[MONOist]

 オリンパスは2014年11月4日、製造工程における加工部品・半導体部品・電子部品の形状測定を効率的に行える測定顕微鏡「STM7」を発売した。

 測定顕微鏡は、非接触の形状測定と金属顕微鏡による観察が1台でできる光学機器。加工部品や半導体部品など、さまざまな部品の製造・組み立て現場で、対象物を傷付けずに効率的な測定ができる。

 今回開発されたSTM7は、検査対象物を載せるステージを、従来の250mm×150mmから300mm×300mmの大型で正方形のタイプにした。これにより、半導体の300mmウエハーやプリント基板などの大型対象物(サンプル)も向きを変えずに測定できる。小型のサンプルでは、複数を同時にステージに置けるため、効率的な測定が可能だ。

 本体台座に高剛性・高耐震性が特長の石定盤(花崗岩)を採用したことで、安定した高精度測定が可能だという。

 さらに、測定支援ソフトウェア「STM7-BSW」と同社の顕微鏡用デジタルカメラを併用することで、複雑な形状の部品でも簡単な操作で正確に測定できる。測定結果はMicrosoft Excelに出力可能で、レポートの作成も効率的にできるという。

 ラインアップは6機種で、小型・中型・大型の3タイプにそれぞれ手動と電動がある。国内をはじめ、世界で順次発売する。

photo 測定顕微鏡 STM7

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.