ニュース
» 2014年11月12日 11時16分 UPDATE

組み込み開発ニュース:PFU、最新Core i7搭載モデルや海外規格対応など産業用PC「ARシリーズ」新製品

PFUは産業用組み込みPC「AR」シリーズの新製品として、「AR4400モデル100H/200H」「AR4500モデル110H」「AR8300モデル300J/310J」とシリーズ専用オプションの「高速メモリ共有カード」を2014年11月より販売開始する。

[MONOist]
photo

 PFUは2014年11月12日、産業用組み込みPC「ARシリーズ」の新製品、「AR4400モデル100H/200H」「AR4500モデル110H」「AR8300モデル300J/310J」とシリーズ専用オプションの「高速メモリ共有カード」を同年11月より販売開始すると発表した。

 「AR4400モデル100H/200H」は262×250×148mmのコンパクトボディながら、PCI/PIC-Eスロットを3基用意し、拡張性も高いモデル。CPUはCore i7-3615QE(2.3GHz、ターボブースト対応最大3.3GHz)もしくはCeleron 1020E(2.2GHz)を選択できる。記録メディアはHDDとSSDが選択でき(CFastも搭載可能)、RAID構成も選択できる。OSはWindows 7(Windows 8は対応予定)とLinuxの他、RTOS(INtime、RTX)に対応する。

 「AR4500モデル110H」は1台のボディにコンピュータ2台とGbEスイッチングハブを集約したモデルで、CPUはCore i7-3615QE(2.3GHz、ターボブースト対応最大3.3GHz)を搭載する。RAID1専用ボードとUPSの搭載によって信頼性を高めている他、8ポートのGbEスイッチングハブも信頼性の高い産業用を搭載する。対応OSはWindows 7(Windows 8は対応予定)、Linux、RTOS(INtime、RTX)となる。

photophoto 「AR4400モデル100H/200H」(写真=左)、「AR4500モデル110H」(写真=右)

 「AR8300モデル300J/310J」はCPUにXeon E3-1200v3(Haswell)を搭載した、処理能力と拡張性を重視したモデル。Xeon E3-1200v3(Haswell)の搭載によって8スレッドの同時実行が可能で、メモリについてもECCメモリを搭載する。ストレージについては2Tバイトないし4TバイトのHDDを最大3本搭載可能で、HDDや筐体ファン、PCI/PCI-Eカードは容易に交換できるよう、作業効率にも注意が払われている。北米に加え、欧州や中国、韓国、台湾などの情報処理機器規格を取得しており、海外での利用にも適する。

photophoto 「AR8300モデル300J/310J」(写真=左)、「高速メモリ共有カード」(写真=右)

 シリーズ専用オプション「高速メモリ共有カード」は、対応シリーズ機器の高速(10Gbps)メモリ間通信を行うためのカードで、データ分散処理の高速化やコントローラーの2重化などの高信頼性システムの構築に利用できる。1:1接続以外にもデイジーチェーンやリング型なども構成可能で、構成の自動認識も可能だ。

photo ARシリーズラインアップ

 なお、これらの新製品は2014年11月19〜21日の3日間、パシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2014/組込み総合技術展」の同社ブースにて展示される。同社ブースNoは「A-02」だ。

特集:Embedded Technology 2014

特集ページはこちらから

どうする? Windows XP移行問題:工場運営を支える「産業用パソコン」コーナーへ

「産業用パソコン」コーナー

製造現場は、かつてのようなクローズドなものから、標準かつオープンな環境へとシフトし、製造現場全体を最適化するための新たな仕組み作りが求められている。その中で重要な要素を担うのが産業用パソコンだ。「産業用パソコン」コーナーでは、Windows XP移行問題を含む「産業用パソコン」関連の最新情報をお伝えしています。併せてご覧ください。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.