ニュース
» 2014年11月12日 16時00分 UPDATE

ロボット開発ニュース:サイバーダインの装着型ロボットが国際安全規格を取得、世界を目指す (1/2)

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、サイバーダインの作業・支援用装着型ロボットが、生活支援ロボットの国際安全規格「ISO 13482」を取得したと発表した。第三者機関による認証取得を、国内外市場へ普及の弾みにしたい考えだ。

[渡邊宏,MONOist]
photo

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2014年11月12日、同機構の支援したプロジェクトによって誕生したサイバーダインの作業・支援用装着型ロボット「HAL 作業支援用(腰タイプ)」と「HAL 介護支援用(腰タイプ)」が、生活支援ロボットの国際安全規格「ISO 13482」を取得したと発表した。

 認証は日本品質保証機構(JQA)が行った。作業者および介護者向けの装着型ロボットとしては世界初の国際安全規格取得であり、日本国内市場はもとより、海外展開の足がかりになることも期待される。

photo 「HAL 介護支援用(腰タイプ)」(左)と「HAL 作業支援用(腰タイプ)」(右)
photo ISO 13482認定書の授与式 左はサイバーダイン社長 山海嘉之氏、右は日本品質保証機構 理事長 小林憲明氏
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.