ニュース
» 2014年11月13日 14時20分 UPDATE

ET2014 開催直前情報:自律飛行クアッドコプターが宙を舞う、オールプログラマブルのザイリンクス

2014年11月19〜21日の3日間、パシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2014/組込み総合技術展」において、ザイリンクスは「Zynq-7000」「UltaraScale」など最新のプログラマブルデバイスを展示する。

[MONOist]
photo

 2014年11月19〜21日の3日間、パシフィコ横浜で組み込み関連の最先端テクノロジーや基盤技術が多数集結する「Embedded Technology 2014/組込み総合技術展(以下、ET2014)」が開催される。

 ET2014の開催に先立ち、アイティメディアが運営する組み込み/エレクトロニクス関連メディア「MONOist」「EE Times Japan」「EDN Japan」では、ET2014の特設ページをオープンし、来場予定者や来場検討されている方々に向け、注目企業の見どころ情報を開催直前までお届けしていく。また、会期中・会期後も速報やリポート記事を多数掲載する予定なので期待してほしい。

 本稿ではザイリンクスの展示内容について紹介する。プログラマブルSoC「Zynq-7000」やFPGA「UltraScale」の展示とデモンストレーションを中心に構成されており、会期初日の11月19日には、Zynq-7000を搭載した自律飛行可能なクアッドコプター「フェノクス」の飛行デモが行われる予定だ。

自律飛行型クアッドコプター「Phenox」の実機飛行デモも実施

 ザイリンクスのブースでは、プログラマブルSoC「Zynq-7000」を中心に紹介する「Zynqゾーン」、20nmプロセスのFPGA「UltraScale」を中心とした「UltraScaleゾーン」、Zynq-7000の搭載製品を紹介する「Zynq ショーケース&デモゾーン」の3ゾーンで来場者を迎える。

 ZynqゾーンならびにUltraScaleゾーンでは、同社デバイスを用いたトランシーバーや次世代メモリインタフェース、プロトコルなどがデモを交えて紹介される。初日の11月19日には、Zynq-7000採用の自律飛行型クアッドコプター「フェノクス」が実機飛行デモを行う予定となっている(関連記事:東大発の自律型クアッドコプターはプログラマブルSoCで空を飛ぶ)

 プログラマブルSoCの最新動向をチェックしたいなら、展示会場内のカンファレンス会場で行われる「プログラマブル デバイス トラック」にも注目したい。同社エンジニア/マーケターによる講演が3トラック行われる他、アヴネット・インターニックスによるプログラマブルSoC初級者向けトラックも行われる。

  1. “ZYNQ” その比類無き包括的な SoC プラットフォームの近況と展望(11月20日 10:30〜11:15)
  2. ザイリンクスのUltraScaleアーキテクチャ 20nm 世代唯一の High-End(11月20日 11:30〜12:15)
  3. より早く、より賢く、より最適に、All Programmable デバイスを使いこなす! Vivado、UltraFast設計手法、All Programmable 設計環境(11月21日 14:30〜15:15)
  4. “まだ遅くない!”今日から「FPGA」と「All programable SoC」の設計を始める(11月21日 15:30〜16:15)

Embedded Technology 2014/組込み総合技術展(ET2014)

会期 2014年11月19日(水)〜21日(金)
時間 10:00〜17:00(20日(木)のみ18:00終了)
会場 パシフィコ横浜
Embedded Technology 2014/組込み総合技術展(ET2014)公式サイト http://www.jasa.or.jp/et/ET2014/
ザイリンクス ブースNo. F-42

特集:Embedded Technology 2014

特集ページはこちらから

関連キーワード

Embedded | ザイリンクス | FPGA | 20nmプロセス


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.