ニュース
» 2014年11月14日 22時00分 UPDATE

タイヤ技術:タイヤを最後の最後まで使い切るセンサー技術、ブリヂストンが開発 (1/4)

ブリヂストンは加速度センサなどを利用して、タイヤの摩耗具合を検知できる新技術を開発したと発表。同社が開発を進めているタイヤセンシング技術群「CAIS(カイズ)」のコンセプトに基づくもので、商用車で行われているタイヤのローテーション時期の把握などが可能になるという。

[陰山遼将,MONOist]
120_rk_11114_bridgestone.jpg

 ブリヂストンは2014年11月14日、東京都内で会見を開き、タイヤ内部に設置した加速度センサーを利用してタイヤの摩耗状態を推定する技術を開発したと発表した。同技術は、同社が以前より開発を進めている「CAIS(カイズ)」というセンシング技術群の1つとなる。タイヤ表面の摩耗状態の検知を可能にすることで、商用車で行われているタイヤのローテーション時期の把握などが可能になるという。


ブリヂストンのタイヤセンシング技術「CAIS」とは?

rk_1411_bridgestone00.jpg ブリヂストンのタイヤセンシング技術「CAIS」(クリックで拡大)出典:ブリヂストン

 ブリヂストンはこれまでにCAISのコンセプトに基づいて、ひずみセンサーを活用してクルマの各タイヤに掛かる荷重を解析するCAIS1、加速度センサーを使って路面状態を把握するCAIS2の研究開発を進めてきた。今回発表したタイヤの摩耗を推定する技術はCAIS3にあたる(以下、CAIS3)。

rk_141114_bridgestone01.jpgrk_141114_bridgestone02.jpg 左側の写真は、ブリヂストン 中央研究所 研究第6部 フェローの若尾泰通氏(写真内左)と同研究部 タイヤ情報研究ユニットの真砂剛氏(写真内右)。両氏は同社が開発を進めるタイヤ先進技術「CAIS」(右側の図)について説明した(クリックで拡大)出典:ブリヂストン

 会見に登壇したブリヂストン 中央研究所 研究第6部 フェローの若尾泰通氏は、CAISコンセプトについて、「CAISはタイヤと路面との接地面から得た情報を利用して、より高度な車両制御の実現や、安全運転を支援するための技術。ブリヂストンは、センシング技術を活用して、タイヤを単に製品ではなくシステムとして提供することでモビリティ社会の安全に貢献したいと考えている」と説明する。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.