特集
» 2014年11月17日 11時00分 UPDATE

Windows Embedded Server概論:組み込み用Windows Server「Windows Embedded Server」、その特徴とメリット (1/2)

組み込み機器に採用されているOSといえば、WindowsやLinux、ITRONなどが思い浮かびますが、実はサーバOSであるWindows Serverにも、組み込み向けの「Windows Embedded Server」が存在します。ここではWindows Embedded Serverの特徴とメリットについて解説します。

[新谷和之(東京エレクトロンデバイス),MONOist]
photo

 組み込み機器に採用されているOSと聞くと、WindowsのクライアントOSやLinuxもしくはITRONなどを思い浮かべる方が多いでしょう。Windowsであれば、Windows Embedded StandardやWindows Embedded Industryが組み込み用のOSとして知られています。

 実はサーバOSであるWindows Serverにも、組み込み機器向けのライセンスが存在します。ご存じない方が多いかもしれませんが、Windows Embedded Serverは、流通業界や医療業界などさまざまな業界で使用されているのです。そこでこの記事では、Windows Embedded Server製品にはどのような特徴があり、どのようなメリットがあるのかをお伝えします。

Windows Embedded Server製品の特徴

 Windows Embedded Serverには、主として3つの特徴があります。

  • ライセンスの長期提供が可能
  • 一般のWindows Server製品と同じ機能で、しかもコストメリットがある
  • ライセンスによっては、Windows CALが不要

 それぞれの特徴について、見ていきましょう。

ライセンスの長期提供が可能

 まず、Windows Embedded Serverライセンスの長期提供について説明します。Windows Embeddedライセンスは、一般のWindows Serverと同じバージョンのラインアップが供給されていますが、製品の提供期間は異なり製品リリース後15年間の長期提供が保証されています。

 従って、既にサポートが終了しているWindows Server 2000も、Windows Embedded Serverならまだ購入が可能です。サポート期間は、メインストリームが5年間で、この間は機能追加やマイクロソフトのサポートが提供されます。次の5年間は延長サポートフェーズで、セキュリティ更新プログラムがリリースされます。最後の5年間は、OSライセンスの購入・搭載製品の出荷が可能な期間となります。

 組み込みシステムは長期の利用が一般的でOSのバージョンを固定したいケースがありますが、そのような場合はWindows Embedded Serverが最適な選択肢となります。

photo Windows Embedded Serverのサポート期間とEnd of Life(出展:東京エレクトロンデバイス)
photo 、Windows SQL Server for Embedded Systemsのサポート期間とEnd of Life(出展:東京エレクトロンデバイス)

一般のWindows Serverと同機能で、しかもコストメリットがある

 Windows Embedded Serverは、一般に提供されているWindows Serverと完全互換になり、同じ機能を提供しています。物理ディスクの削減に有効なストレージの仮想化、管理技術であるシンプロビジョニング、1台のサーバで複数のサーバを仮想化できるHyper-V機能など、一般のWindows Serverに標準機能として備えている機能は全てWindows Embedded Serverでも標準で備えており、導入に際しての工数を削減することができます。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.