ニュース
» 2014年11月17日 12時30分 UPDATE

エコカー技術:「プリウスα」が世界初のLEDヘッドランプを採用、1灯でローハイ切り替えが可能

トヨタ自動車はハイブリッド車「プリウスα」をマイナーチェンジした。先進性を象徴する装備として「世界初」(同社)のLEDへドランプ「Bi-Beam LEDヘッドランプ」を採用している。

[MONOist]
「Bi-Beam LEDヘッドランプ」

 トヨタ自動車は2014年11月17日、ハイブリッド車「プリウスα」をマイナーチェンジし、同日に発売したと発表した。税込み価格は、5人乗りモデルが247万9091〜317万8145円、7人乗りモデルが282万8618〜338万4327円。

 今回のマイナーチェンジでは、プリウスαの個性や先進性をより強調するため、外観の意匠変更や、内装の質感向上を図った。また、車線の逸脱を検知するレーンディパーチャーアラート(LDA)、夜間走行時にハイビームとロービームを自動で切り替えられるオートマチックハイビーム、ミリ波レーダーにより先行車両との衝突回避を可能にするプリクラッシュブレーキアシスト/プリクラッシュブレーキ、レーダークルーズコントロールなどをセットにした安全装備をオプション設定した。

マイナーチェンジした「プリウスα」の外観 マイナーチェンジした「プリウスα」の外観(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車
「プリウスα」の内装 「プリウスα」の内装(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車

 プリウスαのマイナーチェンジにおける先進性を象徴するのが、「Bi-Beam LEDヘッドランプ」である。1灯の光源でロービームとハイビームの切り替えが可能であり、「世界初」(トヨタ自動車)の機能だという。上位グレードである「Gシリーズ」と、下位グレードでも「Sシリーズ」の“ツーリングセレクション”に標準装備となっている。

「Bi-Beam LEDヘッドランプ」 「Bi-Beam LEDヘッドランプ」(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.