ニュース
» 2014年11月18日 07時00分 UPDATE

FAニュース:ダコタ・ジャパン、最大30mの厚物まで検査可能な高性能超音波探傷器を販売

DAC(距離振幅特性曲線)、TCG、DGS/AVG、厚さ計ソフトウェアなど、超音波探傷に必要な多くの機能を搭載。薄肉材料や表面近傍の傷の検査から、鋳物・FRPなどの高減衰材、最大30mの厚物まで、さまざまな超音波探傷に対応できる。

[MONOist]

 ダコタ・ジャパンは2014年11月4日、超音波探傷器のフラグシップモデル「DFX-8+」の販売を開始した。

 今回販売されたDFX-8+は、薄肉材料や表面近傍の傷の検査から、鋳物やFRPなどの高減衰材、最大30mの厚物まで、さまざまな超音波探傷に対応できる高性能超音波探傷器。DAC(距離振幅特性曲線)、TCG、DGS/AVGを標準搭載するほか、配管などの曲率による誤差を補正する曲面補正機能(CSC)もある。

 厚さ計ソフトウェアを標準搭載することで、厚さ計の最上位機種である「CMX DL+」の機能を全て継承した。屋外でも見やすい低消費電力液晶ディスプレイ(Blanview)を採用。さらに、大容量リチウムイオンバッテリーにより、18時間の長時間にわたって操作ができる。

 他に、水浸探傷用のインタフェースゲート、アナログ出力、ラインで自動検査ができる外部コントロール機能など、超音波探傷に必要な機能を搭載した。

 主な用途は、各種材料の傷や割れ、内部欠陥の検査、溶接部の欠陥検査、接着・剥離検査、自動水浸探傷などの各種自動探傷試験、厚さの測定など。価格は96万円(税抜き)。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

ソフトウェア | FAニュース | 試験


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.