ニュース
» 2014年11月18日 15時55分 UPDATE

組み込み開発ニュース:世界のIoT市場、2020年には3兆400億円規模へ

IDC Japanは世界のIoT(Internet of Things)市場予測を発表した。調査によれば世界のIoT市場は2020年にかけて年平均13%の成長を見せ、2020年には3兆400億ドルの規模に達するとしている。

[MONOist]
photo

 IDC Japanは2014年11月18日、世界のIoT(Internet of Things)市場予測を発表した。調査によれば市場規模は2013〜2020年にかけて年平均13%の成長を見せ、2020年には3兆400億ドルに拡大するとしている。

 同社ではIoTを「IP接続による通信を、人の介在なしにローカルまたはグローバルに行うことができる識別可能なインテリジェントシステム/エッジデバイスからなる、ネットワークを束ねるネットワーク」と定義づけており、既にバズワードではなく実際のビジネスとしての市場が形成され、その規模は拡大しつつあるとしている。

 地域別に見ると、法規制や技術標準化ギャップといった阻害要因の少なかった北米市場の立ち上がりが早いく、短期的には市場をリードする立場にある。また、西欧とアジア太平洋地域は政府による主導やオープン環境を重視する考えが強いため立ち上がりこそ鈍いものの、2020年にはこれら地域のIoTデバイス普及台数は北米を上回ると予想している。

 米IDCのキャリー・マクギルブレイ氏は「IoT市場のエコシステムは特定の限られたプレーヤーが主導的な立場に立って成長させていくべきものではない。パートナーシップ施策、グループ形成、革新的なサービスの創出によって、真に価値のあるIoTソリューションが生み出されるであろう」とのコメントを寄せている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.