ニュース
» 2014年11月18日 16時45分 UPDATE

ET2014 開催直前情報:さまざまな分野に特化した組み込みソリューションを展示! コントロン・ジャパン

2014年11月19〜21日の3日間、パシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2014/組込み総合技術展」においてコントロン・ジャパンは、「産業」、「通信」、「航空宇宙・運輸・防衛」といった同社の注力事業に関する製品及び技術を展示する。

[MONOist]
120_rk_141110_spansion.jpg

 2014年11月19〜21日の3日間、パシフィコ横浜で組み込み関連の最先端テクノロジーや基盤技術が多数集結する「Embedded Technology 2014/組込み総合技術展(以下、ET2014)」が開催される。

 ET2014の開催に先立ち、アイティメディアが運営する組み込み/エレクトロニクス関連メディア「MONOist」「EE Times Japan」「EDN Japan」では、ET2014の特設ページをオープンし、来場予定者や来場検討されている方々に向け、注目企業の見どころ情報を開催直前までお届けしていく。また、会期中・会期後も速報やリポート記事を多数掲載する予定なので期待してほしい。

 本稿ではコントロン・ジャパンの展示内容を紹介する。2014年7月に、ドイツに本拠を置く組み込みコンピュータメーカーであるKontron AGの日本法人として設立された同社は、「産業」「通信」「航空宇宙・運輸・防衛」といった、3つの分野に関する製品や技術を展示する。

>>3メディア合同「ET2014特集」

各業界に最適な製品を紹介

rk_141118_kontron01.jpgrk_141118_kontron02.jpg 「KBox A-201」(左)と「SYMKLOUD」(右)出典:コントロン・ジャパン

 産業分野向けの製品では、Intel Atom「E3800」シリーズ搭載のM2Mゲートウェイに最適なファンレスボックスPC「KBbox A-201」を展示する。さらに、各種センサーデバイスをネットワークに接続するための通信モジュール開発キットなども展示される予定だ。

 また、通信分野向けの製品では、ネットワーク機能をソフトウェアで制御/仮想化するSDN(Software Defined Network)やNFV(Network Functions Virtualization)に対応するサーバ「SYMKLOUD」を展示する。19インチラックの2UサイズのSYMKLOUDは、高密度実装によりフットプリントや消費電力を削減することで、TCOを大幅に抑えられるという。

rk_141118_kontron03.jpg 「COBALT」出典:コントロン・ジャパン

 航空宇宙・運輸・防衛分野向けには、ボックス型のPC「COBALT」を展示。航空や防衛といった分野で使用される機器には、高い耐久性が求められる。COBALTには、温度、衝撃、電磁障害など、さまざまな厳しい環境条件でも動作する新設計のシャーシを採用したという。

 コントロン・ジャパンのブースでは、これらの3つの分野に特化した製品に加え、同社のCOMやVME製品、マザーボードなども紹介される予定だ。また、こうした展示の他、コントロン・ジャパンが提供する組み込みソリューションなどを紹介するセミナーの開催も予定されている。

Embedded Technology 2014/組込み総合技術展(ET2014)

展示会名 Embedded Technology 2014/組込み総合技術展(ET2014)
会期 2014年11月19日(水)〜21日(金)
時間 10:00〜17:00(20日(木)のみ18:00終了)
会場 パシフィコ横浜
公式サイト http://www.jasa.or.jp/et/ET2014/
コントロン・ジャパン ブースNo. E-03

特集:Embedded Technology 2014

特集ページはこちらから

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.