ニュース
» 2014年11月19日 18時48分 UPDATE

ET2014:マイクロソフトは「Windows Embedded」「Azure」をパートナーとアピール

マイクロソフトはパシフィコ横浜で開催されている「Embedded Technology 2014/組込み総合技術展」に出展し、パートナー各社と共同で組み込み用OS「Windows Embedded」シリーズとクラウドサービス「Microsoft Azure」を紹介した。

[渡邊宏,MONOist]
photo

 マイクロソフトは2014年11月19〜21日までの3日間、パシフィコ横浜で開催されている「Embedded Technology 2014/組込み総合技術展(ET2014)」に出展し、パートナー各社と共同で同社組み込み用OS「Windows Embedded」シリーズ関連製品を中心に、クラウドサービス「Microsoft Azure」などとの組み合わせを紹介した。

 ブース中央には、IoTとクラウドによって生活にどのような変化が起きるかを未来像として紹介するジオラマ「Azure City」が設置されている。そのジオラマ内には協賛各社の製品が「医療」や「製造業」「自動車」など具体的な導入例とともに配置されており、「マイクロソフトがIoT時代の組み込み機器をサポートします」というメッセージを添えて紹介された。

photo マイクロソフトブースの「Azure City」
photo Azure City内で紹介されていた東芝の産業用PC
photo アイウェーブ・ジャパンの車載端末向けWindows Embedded Compact 2013 BSP
photo サンダーソフトジャパンのWindows Embedded 8.1 Industry搭載 企業用タブレット端末

 協賛企業としてマイクロソフトブース内に製品を展示していたのは、岡谷エレクトロニクス、コンテック、富士通ソフトウェアテクノロジーズ、東京エレクトロン デバイス、ベッコフオートメーション、テクマトリックス、NEC、イノテック、インタフェース、日立製作所、東芝、サンダーソフトジャパン、ユニダックス、アイウェーブ・ジャパン、菱洋エレクトロなどの各社。各社はWindows EmbeddedシリーズもしくはAzure対応の製品とサービスを展示していた。

 その展示は産業用PCからボードコンピュータ、産業用タブレット、M2Mゲートウェイ、Windows Embedded Compactの開発支線ソリューション、Azureを利用した遠隔温度監視ソリューション、Windows Embedded対応セキュリティソフトなど幅広く、生活のさまざまな局面にIoTが普及する可能性を秘めていることを実感させた。

photophoto インタフェースの産業用PC(写真=左)、日立製作所の産業用PC「HF-W7500モデル40」(写真=右)
photophoto サンダーソフトジャパンの8インチ産業用タブレット(写真=左)、岡谷エレクトロニクスの扱う産業用PCのマザーボード
photophoto ベッコフオートメーションのPLCopne対応PC制御プラットフォーム(写真=左)、コンテックのM2MゲートウェイとCPUボード(写真=右)

 ブース中央のAzure Cityではマイクロソフトだけではなく、パートナー企業のプレゼンテーションも行われていた。初日(2014年11月19日)は「Windows Embeddedでつくるデジタルサイネージ」(岡谷エレクトロニクス)、「マイクロソフトと標準規格で実現する『つながる』工場と装置」(ベッコフオートメション)、「HW/SWワンストップサービス」(サンダーソフトジャパン)など14のプレゼンテーションが行われており、ホール入り口近くというブース立地もあってか、来場者も多く足を止めていた。

特集:Embedded Technology 2014

特集ページはこちらから

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.