ニュース
» 2014年11月19日 21時32分 UPDATE

組み込み開発ニュース:米Apple、「Apple Watch」開発キットを公開

米Appleはスマートウオッチ「Apple Watch」向けの開発キット、「WatchKit」を開発者向けに公開した。同時にヒューマンインタフェースデザインのガイドラインも公開された。ガイドラインには、2モデルの画面解像度も明記されている。

[MONOist]
photo

 米Appleは2014年11月18日(現地)、2015年の市販が予定されているスマートウオッチ「Apple Watch」向けの開発キット「WatchKit」を開発者向けに公開した。

 この開発キットはiPhone上で動作するエクステンションとApple Watchにインストールされるユーザーインタフェースで構成されており、導入することでApple Watch専用アプリ(WatchKit Apps)とiPhoneアプリからの通知機能(Glances)、ユーザーアクションからの通知機能(Actionable Notifications)を開発できる。

photo 公開された「WatchKit」

 WatchKitの提供はApple Watch発表時より告知されており、ディズニーや、大手スーパーマーケットを展開するWhole Foods Market(ホールフーズ・マーケット)、薬局チェーンのWalgreensなど、多数のパートナーがApple Watch向けのアプリを開発中だという(関連記事:Appleがウェアラブル機器市場に参入、「Apple Watch」の発表で)

photo Apple Watch
photo ケースサイズは38mmと42mmの2モデルが用意される

 また、WatchKitの公開と同時に、42/38mmモデル双方の画面解像度などが記載されたヒューマンインタフェースデザインのガイドラインも公開されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.