ニュース
» 2014年11月20日 07時00分 UPDATE

FAニュース:安川電機、ACサーボドライブΣ-7シリーズに指令オプション取り付け形を追加

既存製品のオプションモジュール「INDEXER」「DeviceNet」との組み合わせが可能。モータを従来製品と比べて約80%小型化した他、高分解能24bit(約1677万パルス/回転)エンコーダを搭載した。

[MONOist]

 安川電機は2014年10月30日、ACサーボドライブ「Σ-7(シグマ・セブン)シリーズ」に、指令オプション取り付け形を追加したと発表した。

 今回追加された指令オプション取り付け形は、すでに製品化されているオプションモジュール「INDEXER」「DeviceNet」との組み合わせが可能。INDEXERモジュールは、無料のエンジニアリングツール「SigmaWin+」により、テーブルに位置や速度、加減速度などを設定するだけで位置決めができる。I/Oと通信(RS-422/RS-485)による接続が可能で、PTP制御が必要な1軸の位置決めに利用できる。

 また、DeviceNetモジュールは、DeviceNetを搭載した上位コントローラとの組み合わせにより、簡単にモーション制御ができる。主な用途は、半導体製造装置、電子部品加工・組み立て装置、自動車加工・組み立てラインなど。

 速度周波数応答は3.1kHzで、振動抑制機能も強化した。モータを従来製品と比べて約80%小型化した他、高分解能24bit(約1677万パルス/回転)エンコーダを搭載している。

 価格はオープンで、すでに同年9月22日から販売を開始している。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.