ニュース
» 2014年11月21日 07時00分 UPDATE

ET2014:ディジ インターナショナルはワンストップM2Mの具体例を豊富に展示、「ConnectCore 6」は出荷間近

ディジ インターナショナルは「Embedded Technology 2014」にて、同社システムオンモジュールやワイヤレスモジュールを活用した、具体的なマーケットに向けてのデモを多く展示している。

[MONOist]
photo

 ディジ インターナショナルは2014年11月19〜21日までの3日間、パシフィコ横浜で開催されている「Embedded Technology 2014/組込み総合技術展(ET2014)」にて、同社システムオンモジュールやワイヤレスモジュールを活用した、具体的なマーケットに向けてのデモを多く展示している。

 同社がターゲットとして例示し、デモを用意する市場は「小売り」「農業」「交通」「ヘルスケア」などで、それぞれに海外の導入事例なども交えながら、同社製品を使ってのM2Mソリューションを紹介していた。

photo 公共バス向けの統合情報システム。運転手には運行状況や車内の混雑情報などを知らせ、乗客向けには運行情報を伝える
photo クラウドを利用した遠隔からの駐車場空き情報取得
photo ワイヤレスPAN「DigiMesh」を使用した気象観測システム
photo 脈拍や呼吸などを非接触で測定するヘルスケア機器に、XBee/Wi-Fiを搭載。ホームサーバまでワイヤレスでデータを送信する

 IoTについてはDigi M2Mソリューションを用いた宅内温度監視・管理/エアコン制御を例として紹介していた。宅内はZigbee、ゲートウェイには「ConnectPortX2e ZB」と「WR11」、クラウドには「DEVICE CLOUD」と組み合わせることで、設備投資の抑制、開発コストの低減を実現できるとしていた。

 また、同社が2014年2月発表したARM Cortex-A9をベースとしたワイヤレスコネクティビティ内蔵のシステム・オン・モジュール「ConnectCore 6」については、その処理能力を示すデモが行われていた。現在はクアッドコア製品の最終調整段階に入っており、年内には出荷できる見込みであるという。

photo 2014年内に出荷を予定している「ConnectCore 6」。サポートOSはLinuxとAndroidを予定するが、Windowsも対応予定だという。サンプル価格は150ドル前後の見込みだ
photo 「ConnectCore 6」のパフォーマンスデモ。「非常に滑らかに動くため、映像を流しているように思われてしまう」と苦笑気味の説明をしてくれた

特集:Embedded Technology 2014

特集ページはこちらから

関連キーワード

Internet of Things | Embedded Technology | M2M | ARM


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.