ニュース
» 2014年11月21日 16時30分 UPDATE

ET2014:94体の「愛真田心」が独立して踊り、グラフィックスの力を見せつけるAMD

日本AMDは「Embedded Technology 2014」にて、組み込み機器用プロセッサ「AMD Rシリーズ」「AMD Gシリーズ」のグラフィック処理能力を生かしたデモを行った。

[渡邊宏,MONOist]
photo

 日本AMDは2014年11月19〜21日までの3日間、パシフィコ横浜で開催されている「Embedded Technology 2014/組込み総合技術展(ET2014)」にて、同社の組み込み機器用プロセッサ「AMD Rシリーズ」「AMD Gシリーズ」のグラフィック処理能力を生かしたデモを行った。

 グラフィック性能を分かりやすく紹介しているのが、AMD Rシリーズ(Bold Eagle)を使った同社非公式応援キャラクター「愛真田 心」(@amadakokoro)の3Dモデルのリアルタイムレンダリング。背景にSOFDECフォーマット(1280×720/30fps)を流しながら、約37万ポリゴンのモデルデータを、独立した描画処理にてリアルタイムレンダリングしている。

photo モデルの外観は同じだが、実は独立した描画処理を行っている。左に置かれているのがAMD Rシリーズ(Bold Eagle)のテストボード
photo この画面では94体のモデルが独立処理されている

 説明員によると、APU単体処理で91モデルを同時処理しながら30fpsを維持することが可能(この場合、背景ムービーはなし)とのことで、“組み込み用グラフィック”という言葉のイメージを越えた画像処理能力を確認できるデモといえそうだ。同じく、AMD Rシリーズ(Bold Eagle)ボードを用いた、Unity 5エンジンのデモも行われている。

photo Unity 5エンジンのデモ

 GPUの威力を紹介するデモとしてはこれら以外にも、画像処理にOpen CLを用いたJPEG2000のロスレスウェーブレット変換や、カメラ映像からの動き抽出なども例として紹介されていた。デモで紹介していたものはまだ最適化が完了していないとのことだが、それでもCでの処理に比べて数倍の処理速度を実現しているという。

photo 背景画像処理をOpen CL化してAPUに処理させる例

 また、開発ボードコミュニティー「GizmoSphere」が2014年11月より販売を開始した「Gizmo 2」も展示されていた。Gizmo 2はAMDのSoC「GX-210HA」(グラフィックコアはRadeon HD 8210E)を搭載したボードで、STBやシンクライアント、キオスク端末、メディアサーバ、ロボット制御などに利用できるとしている.

photo 「Gizmo 2」

 ブースには、STMicroElectronics製のTPM(Trusted Platform Module)1.2チップ「ST33TPM12」とAMD GシリーズAPU「GX-415GA」を組み合わせた、組み込み機器向けのセキュリティソリューションも紹介されていた。ただ、ADM GシリーズはTPM 2.0を回路に内蔵しているため、ソフト面での対応が完了すれば別途チップを用意しなくともTPM2.0を提供できる。

photo AMD GシリーズのボードにTPM1.2チップを搭載した、組み込み機器向けのセキュリティソリューション

特集:Embedded Technology 2014

特集ページはこちらから

関連キーワード

AMD | Embedded | APU | 画像処理 | GPU | 産業用PC | Unity | JPEG2000


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.