ニュース
» 2014年11月22日 10時00分 UPDATE

FAニュース:日本NI、USB3 Visionカメラ対応のコンパクトビジョンシステム発表

クアッドコアIntel Atomプロセッサ、USB3 Vision規格に準拠したカメラ専用のUSB 3.0ポートを2つ、FPGA対応I/Oを備えている。工業用の高速ビジョンアプリケーション向け。

[MONOist]

 日本ナショナルインスツルメンツは2014年10月14日、USB3 Visionカメラ対応の堅牢性に優れたコンパクトビジョンシステム「NI CVS-1459RT」を発表した。工業用の高速ビジョンアプリケーション向けとなっている。

 NI CVS-1459RTは、画像入力・処理用ハードウェア。クアッドコアIntel Atomプロセッサと64ビットのLinux Real-Time OSを搭載し、処理能力に優れている。堅牢性も高く、ビジョン統合ロボット、工業用検査、OEMビジョンアプリケーションに共通する過酷な環境に耐えられる。最大動作温度は55℃となっている。

 また、USB3 Vision規格に準拠したカメラ専用のUSB 3.0ポートを2つ備え、ポートはデータロギング用外部ストレージなどの周辺機器の接続にも使用できる。

 プログラミングについては、直感的で簡単なシステム開発ソフトウェアLabVIEW、またはVision Builder AIに対応。外部PCを用意しなくても、LabVIEWと本製品のみで、工業用画像処理、高度なI/O機能、工業用通信機能、データロギング、およびヒューマンマシンインタフェース(HIM)を1つの環境に統合できる。

 同製品はFPGA対応I/Oも備え、これをさらにカスタマイズし、検査結果を工業用I/Oと同期させて、ハードウェアタイミングネットワークトリガを構成し、カメラによる画像入力をトリガさせることも可能。FPGA機能のカスタマイズにも対応している。価格は、43万8000円(税別)。

photo NI CVS-1459RT

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.