特集
» 2014年11月25日 09時00分 UPDATE

ET2014 基調講演リポート:IoT時代に向けて日本企業が克服すべき課題は「損して得を取る」 (1/4)

「Embedded Technology 2014/組込み総合技術展」の基調講演に、パナソニック 全社CTO室 理事の梶本一夫氏が登壇。同氏はパナソニックのIoTに関する取り組みやIoT時代に求められるエンジニア像、日本企業の課題について語った。

[陰山遼将,MONOist]
120_rk_141121_panasonic.jpg

 2014年11月19〜21日に「Embedded Technology 2014/組込み総合技術展(ET2014)」がパシフィコ横浜で開催された。同年11月21日の基調講演で、パナソニック 全社CTO室の理事を務める梶本一夫氏が「IoTがつなぐ家電・住宅・自動車・B2Bでのコトづくり」をテーマに、パナソニックのIoT(モノのインターネット)に関する事業やIoT時代に求められるエンジニア像、日本企業の課題などについて語った。


IoT事業にシフトしたパナソニック

rk_141121_panasonic01.jpgrk_141121_panasonic02.jpg パナソニック 全社CTO室の理事を務める梶本一夫氏(左)とパナソニックの新事業方針の概要(右)(クリックで拡大)出典:パナソニック

 パナソニックは2013年4月に、テレビや携帯電話機などのデジタルコンシューマー事業から、B2B分野の事業へシフトする新方針を示している。その内容はIoTを活用して、住宅や自動車などのさまざまな空間に対するソリューションを提供していくというものだ。

 梶本氏はパナソニックのこうした新方針に基づく取り組みとして、東京都江東区の「パナソニックセンター東京」内に、クラウドを活用した生活空間を提案する展示施設「Wonder Life-BOX 2020」を開設した事例や、トヨタ自動車のテレマティクスサービス「T-Connect」から住宅内のエアコンを制御できるスマートフォンアプリの開発などを紹介した。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.