ニュース
» 2014年11月25日 18時23分 UPDATE

Maker Faire Tokyo 2014:見て・触れて・体験できる――オートデスクが3Dモノづくりの世界をメイカーに訴求 (1/3)

オートデスクは「Maker Faire Tokyo 2014」に出展。複数のiPod touchを用いて簡単に人物の3Dモデルデータを作成できる装置「3D Photoブース」や、3Dプリントしたユーザー作品の展示、パートナー企業の取り組みなどを紹介した。

[八木沢篤,MONOist]
オートデスク

 オートデスクは、2014年11月23〜24日に東京ビッグサイトで開催された「Maker Faire Tokyo 2014(以下、MFT2014)」に出展。複数のiPod touchを用いて簡単に人物の3Dモデルデータを作成できる装置「3D Photoブース」や、3Dプリントしたユーザー作品の展示、パートナー企業の取り組みなどを紹介した。

 3D Photoブースは、複数のiPod touchで被写体となる人物の周囲を異なるアングルで数十枚撮影し、その画像データを「123D Catch」を介してクラウドにアップロード。クラウド上では、アップロードされた複数の画像データを基に3Dモデルを作成し、メッシュデータにテクスチャを張り付けた状態の3Dモデルデータを閲覧できるサービスを実演。手軽に自分の3Dモデル/フィギュアが作り出せる体験を多くの来場者に訴求していた。

複数のiPod touchを用いた「3D Photoブース」。順番待ちの列が発生するほど大人気の様子だった 複数のiPod touchを用いた「3D Photoブース」。順番待ちの列が発生するほど大人気の様子だった ※画像クリックで拡大表示

 ブース内には、オートデスク製ツールで設計されたものを実際に3Dプリンタで出力した造形作品(参考)がズラリと並べられていた他、MONOistの連載『3Dプリンタでデジタルモノづくりをはじめよう』でもおなじみの「あッ 3Dプリンター屋だッ!!」の展示スペースや、2015年1月5日から「週刊 マイ3Dプリンター」を全国発売するデアゴスティーニ・ジャパンによる3Dプリンタの展示デモなどを見ることができた(関連記事:新創刊の「週刊 マイ3Dプリンター」、組み立て式3Dプリンタの監修はボンサイラボ)。

サンプル1サンプル2サンプル3 オートデスクのブースには、3Dプリンタで実際に出力した造形作品がズラリ ※画像クリックで拡大表示

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.