ニュース
» 2014年11月26日 11時00分 UPDATE

製造ITニュース:海外との設計データ共有の不安を解消します――NECの情報共有基盤が好調

NECはユーザーイベント「C&Cユーザーフォーラム & iEXPO2014」を2014年11月20〜21日に開催。グローバル化の流れとともに、PLMシステムと連動する情報共有基盤が人気を呼んでいることを明らかにした。

[三島一孝,MONOist]
photo

 NECは2014年11月20〜21日、都内でユーザーイベント「C&Cユーザーフォーラム & iEXPO2014」を開催。グローバル化の流れとともに、PLM(製品ライフサイクル管理)システムと連動する情報共有基盤が人気を呼んでいることを明らかにした。

 同社が提案するシステムは「コラボレーション基盤」でPLMシステムと組み合わせて利用するファイル共有基盤だ。

 従来は、自社内開発、自社内生産および国内開発、国内生産が中心だったが、グローバル化およびグローバル競争の過熱が起こり、今では生産の海外移転やEMS(電子機器受託生産サービス)などを利用した生産工程の外部委託などが進行。自社で開発した設計データを、海外法人や外部企業が利用することも日常的なものになっている。

photo C&Cユーザーフォーラム & iEXPO2014での製造業向けソリューションブース

 設計データはPLMなどで管理することが多いが、自社イントラ内のPLMデータに外部業者が直接アクセスするのは、セキュリティ上の問題を抱える。一方でインターネットで直接外部業者に送付するのも同様にセキュリティ上の問題がある。そこで、同社では、同社のPLM「Obbligato III」などの提案をサポートするため、安全に情報共有が行える情報共有基盤をPLMの関連するサービスとして提供開始。多くのユーザーから好評を得ているという。

 同システムは、PLMのデータを自動でコピーする外部ポータルの位置付けで、同システムを利用してファイルの配布をセキュアな環境で一元的に行える。導入にはサーバの準備が必要となる。基本的にはObbligato IIIでの利用を想定しているが、Obbligato III以外のPLMとも連携可能だという。同社のソリューションでは機密情報の持ち出しを制限する「持ち出し制御ソリューション」なども人気を呼んでおり、「製造業において水平分業型のビジネスモデルが拡大する中で設計データをどのように安全に共有するかということは大きな課題になってきている。そのニーズに応えるソリューションとして、多くの製造業から問い合わせを受けている」(ブース説明員)としている。

photo コラボレーション基盤のシステム概要図(出典:NEC)(クリックで拡大)

第4次産業革命は日本の製造業に何をもたらすのか――「インダストリー4.0が指し示す次世代工場の姿」コーナーへ

インダストリー4.0が指し示す次世代工場の姿

インダストリー4.0がもたらす製造業の変化

ドイツ政府が推進する国家プロジェクト「インダストリー4.0」。その目指すところは、現在よりも一段と高度化した生産システムです。同様のモノづくりのさらなる高度化に向けた取り組みは、米国や日本などでも巻き起ころうとしています。「インダストリー4.0が指し示す次世代工場の姿」特集では、「インダストリー4.0」が目指す姿や標準化の道のりなどを追うとともに、日本で高度な生産方法や生産技術に挑戦する動きを取り上げています。併せてご覧ください。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

あなたにオススメの記事

- PR -

「第4次産業革命」という新たな潮流に対し、製造業はどう変革するか?

製造業や建設業の技術者に、実用段階に入ったVRの解説記事、採用事例を紹介

技術開発動向、標準化動向、5G関連最新ニュース、最新情報をお届け