ニュース
» 2014年11月26日 12時00分 UPDATE

モータ―スポーツ:ホンダが2015年のスポーツカー戦略に向け口火を切る、F1公式テストに参加

ホンダは、アブダビのヤス・マリーナ・サーキットで開催されたF1の公式テストに参加した。同社は、2015年シーズンからMcLaren(マクラーレン)にパワーユニットを供給することが決まっており、23年ぶりにマクラーレン・ホンダとしてF1に参戦する。

[MONOist]
マクラーレン・ホンダの開発用マシン「MP4-29H/1X1」

 ホンダは2014年11月25日(現地時間)、アブダビのヤス・マリーナ・サーキットで開催されたフォーミュラ・ワン世界選手権レース(以下、F1)の公式テストに参加したと発表した。同社は、2015年シーズンからMcLaren(マクラーレン)にパワーユニットを供給することが決まっており、23年ぶりにマクラーレン・ホンダとしてF1に参戦する。

 今回の公式テストは、ホンダのパワーユニットを搭載した開発用マシン「MP4-29H/1X1」を走行させて、現在開発を進めているパワーユニットのシステムチェックを行った。本田技術研究所 専務執行役員 F1プロジェクト総責任者 新井康久氏は、「ウィンターテストが始まるまでに行っておきたかった。開幕戦のオーストラリアまでにアップデートを図り、マクラーレンと一丸となって来シーズンに挑みたい」とコメントしている。

マクラーレン・ホンダの開発用マシン「MP4-29H/1X1」マクラーレン・ホンダの開発用マシン「MP4-29H/1X1」マクラーレン・ホンダの開発用マシン「MP4-29H/1X1」
マクラーレン・ホンダの開発用マシン「MP4-29H/1X1」マクラーレン・ホンダの開発用マシン「MP4-29H/1X1」マクラーレン・ホンダの開発用マシン「MP4-29H/1X1」 マクラーレン・ホンダの開発用マシン「MP4-29H/1X1」(クリックで拡大) 出典:ホンダ

 またMcLaren Racingのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエ氏によれば、最近のF1マシンに用いられている複雑なITシステムのインフラ環境を確認できたという。このITシステムは、ホンダの開発拠点である日本の栃木県さくら市と英国のミルトンキーンズ、マクラーレンの開発拠点である英国のウォーキング、そしてアブダビのサーキットをつないでいる。「電気系に課題は出たが、エンジンが始動し、走行できたことは良かった」(ブーリエ氏)としている。

 ホンダは2015年、F1に再参戦するとともに、軽スポーツ「S660」やスポーツカー「NSX」を市場投入する計画で、モータースポーツ活動やスポーツカーのラインアップを強化する方針を打ち出している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.