ニュース
» 2014年11月26日 14時06分 UPDATE

ロボット開発ニュース:業務用掃除ロボットの市場規模、2020年度には現在の2倍に

矢野経済研究所は床面やプール、煙突などに利用される業務用掃除ロボットに関する調査結果を発表した。市場としては小さいが、2020年には2倍に拡大するだろうとしている。

[MONOist]
photo

 矢野経済研究所は2014年11月21日、業務用掃除ロボットに関する調査結果を発表した。

 この調査では業務用掃除ロボットを、床やプール、太陽光パネル、煙突、業務用エアコンなどの清掃に用いられる製品として販売されているものと定義。2014年度には新規参入企業もあり、市場活性化の傾向が見られるものの、2014年度の出荷台数(メーカー出荷量ベース)は875台にとどまり、市場としては「小さなレベルでしかない」としている。

 ただ、2015年度以降は国内経済状況に左右されるものの、国策として推進されるサービスロボット開発促進策や東京オリンピック開催に向けての需要増が見込まれるため、業務用掃除ロボットも金額数量ともにフタ桁増を続けていくと予測しており、2020年度の国内業務用掃除ロボット市場規模(メーカー出荷数量ベース)は1850台と2014年度の2倍に拡大するとしている。

ロボット開発の最前線

ロボット/ロボット開発コーナー
あらゆる技術の集大成といわれる「ロボット」をテーマに、産業、レスキュー、生活支援/介護分野などにおけるロボット開発の実情や、関連する要素技術、研究開発、ロボットコンテスト、ロボットビジネスの最新動向などをお届けする。

>>ロボット特集のTOPページはこちら


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.