ニュース
» 2014年11月27日 07時00分 UPDATE

FAニュース:山洋電気、高効率・高トルクの5相ステッピングモータを開発

5相ステッピングシステム「SANMOTION F5」のラインアップを拡充し、取り付けフランジサイズ42mm角、60mm角、86mm角のステッピングモータを開発。高効率・高トルクで、半導体関連装置や医療機器、一般産業機器の高性能化に対応できるという。

[MONOist]

 山洋電気は2014年11月6日、5相ステッピングシステム「SANMOTION F5」シリーズのラインアップを拡充し、高効率・高トルクを可能にしたステッピングモータを開発したと発表した。同年12月1日から販売を開始する。

 新開発のステッピングモータは、同社従来製品の「103F8583-7241」と比べてモータの温度上昇値が46%低減し、装置の発熱を抑えられる。エネルギーロスも少なく、高効率で省エネルギーにも貢献できる。

 ホールディングトルクは8.07N・mで、従来製品と比べて24%向上し、高トルクが求められる装置にも対応可能だ。UL・CEマーキングにも適合しており、海外でも安心して使用できるという。

 ラインアップは、モータの取り付けフランジサイズ42mm角、60mm角、86mm角の3種で、それぞれ片軸・両軸がある。価格はオープン。半導体関連装置や医療機器、一般産業機器などの高性能化に対応できるとのことだ。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

FA | ステッピングモータ | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.