ニュース
» 2014年11月28日 07時00分 UPDATE

FAニュース:山洋電気、ACサーボアンプに容量100〜300Aの新製品を追加

ACサーボアンプ「SANMOTION R」3E Modelのラインアップを拡充し、容量100A・150A・300Aの新製品を開発した。位置決め時間を短縮する機能を搭載し、機械のタクトタイムが大幅に削減できる。

[MONOist]

 山洋電気は2014年11月11日、ACサーボアンプ「SANMOTION R」3E Modelのラインアップを拡充し、容量100A・150A・300Aの新製品を開発したと発表した。発売は2015年1月19日の予定だ。

 今回開発されたACサーボアンプは、位置決め時間を短縮する機能を搭載し、機械のタクトタイムを大幅に削減できる。モータのトルクをオフする安全トルク遮断(STO)機能が向上したことで、国際規格「IEC61508(SIL3)」「ISO13849-1(PL=e)」に適合した。医療機器など、高い安全性が求められる装置にも安心して使用できるという。

 同社従来製品の「SANMOTION R」ADVANCED MODELと比べ、運転時の電力損失・待機電力はそれぞれ最大10%削減した。消費電力モニター機能で装置の使用電力量も監視可能で、省エネルギー化に貢献できる。

 さらに、装置の立ち上げ、サーボ調整、トラブルシューティングなどが簡単にできる機能も採用し、使いやすさも向上したという。

 主にロボットや工作機械、射出成形機など向けで、出力1.8kWから15kWまでのサーボモータ駆動に対応できるとしている。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

FA | 省エネ | FAニュース | 工場 | 射出成形機


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.