ニュース
» 2014年11月28日 13時00分 UPDATE

組み込み開発ニュース:IoT開発ガジェット「Kinoma Create」、スイッチサイエンスが販売

スイッチサイエンスはIoTデバイス開発プラットフォーム「Kinoma Create」について、開発元の米Marvell製と日本国内での販売契約を提携したと発表した。

[MONOist]
photo

 スイッチサイエンスは2014年11月23日、IoTデバイスのプロトタイピングプラットフォーム「Kinoma Create」について、開発元の米Marvell Technology Group社と日本国内での販売契約を提携したと発表した。発売時期と価格は未定。今後は国内販売とともにマニュアルの日本語化、セミナー開催といった活動も同時に行っていく。

 Kinoma Createは各種センサーが接続可能なタッチパネル付きボディに、JavaScriptを実行可能な可能な環境を備えており、ハードウェア開発に不慣れであってもIoT機器の試作が行える。なお、ソフトウェア開発についてはPC上の統合開発環境で行う。

photo 「Kinoma Create」

 インタフェースとしては無線LAN(802.11b/g)とBluetooth 3.0、デジタル入出力(20〜36本の範囲で設定可能)、アナログ入力(0〜16本の範囲で設定可能)、I2C(3本)、UART(1本)、PWM(3本)を備えており、ブレッドボード用センサーモジュールならばそのまま接続可能だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.