ニュース
» 2014年11月30日 10時00分 UPDATE

FAニュース:リコー、最大入力電圧36Vの200mAレギュレータを開発

無負荷時の自己消費電流を2.2μAに抑えながら、入力過渡応答特性は約5倍、負荷過渡応答特性は約2.5倍に向上した。200mA出力が可能で、最大入力電圧は36V。品質ランク別に、K品/A品/Y品/民生品の4種類をラインアップする。

[MONOist]

 リコーは、200mA出力が可能な最大入力電圧36VのボルテージレギュレータIC「R1524xシリーズ」を開発した。受注およびWebでのサンプル販売は同年9月10日から開始している。

 R1524xシリーズは、CMOSプロセス技術を導入した低消費電流のボルテージレギュレータ。同社の従来製品「R1514x(最大入力電圧36V、150mA、低消費レギュレータ)」では9μAだった無負荷時の自己消費電流を、2.2μAまで抑えた。その一方で、入力過渡応答特性は約5倍、負荷過渡応答特性は約2.5倍に向上している。

 ラインアップは、品質ランク別にK品/A品/Y品/民生品の4種類。K品は、スペック保証温度範囲が−40℃〜125℃と最も広く、信頼性が高いもので、車載一般装備品(ボディー系)向けとなっている。A品は、12Vバッテリーなど高い入力電圧から直接駆動するアプリケーションなどの車載機器向けで、Y品は、産業機器など高温環境下や発熱を伴う機器で使用できる。また、民生品は、一般民生機器用となっている。

 さらに、パッケージとして、従来製品のR1514xとピン互換な高放熱のHSOP-6J、SOT-89-5パッケージと、36Vレギュレータとしては業界最小クラスのSOT-23-5パッケージがある。

photo R1524xシリーズ

 民生品を1000個購入した場合の参考価格は150円(税別)で、サンプル販売は販売店とチップワンストップ内のRICOH WEBサンプルショップで行う。同社では、月産200万個を見込んでいるという。

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

FA | リコー | レギュレータ | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.