ニュース
» 2014年12月01日 07時00分 UPDATE

FAニュース:横河電機、統合生産制御システムを発表、機能を大幅に拡張

統合生産制御システム「CENTUM VP」の機能を大幅に拡張し、制御システムの重要な要素である入出力装置にフィールドIO装置「N-IO(Network-IO)」を追加。1種類のモジュールで多様な入出力信号に対応できるという。

[MONOist]

 横河電機は2014年11月14日、統合生産制御システム「CENTUM VP(センタム・ブイピー)」の機能を大幅に拡張した「CENTUM VP R6.01」を開発した。2015年2月から販売を開始する予定。

 横河電機では、制御事業のビジョン「VigilantPlant(ビジラントプラント)」推進のため、中核となるCENTUM VPの強化を進めている。今回開発されたR6.01は、その第1段階となるもので、制御システムの重要な要素である入出力装置にフィールドIO装置「N-IO(Network-IO)」を新たにラインアップした。

 既存のフィールドIO装置「FIO」では、入出力信号の種類に合わせてモジュールを選択していたが、N-IOでは1種類のモジュールで多様な入出力信号に対応できる。1つで16点までの入出力が可能で、点ごとに信号の種類を設定できる。欧米やアジアの主要な本質安全防爆にも対応した。

 N-IOループ確認・設定ソフトウェア「FieldMate Validator(フィールドメイト・バリデーター)」も開発した。これにより、IO装置との接続のみで、フィールド機器の設定・動作確認ができる。

 他に、統合エンジニアリング環境「オートメーション・デザイン・スイート(ADスイート)」も開発。熱交換器やフィルター装置など、現場で多く使われる設備ごとにあるプログラムのテンプレートに対応可能なため、エンジニアリング作業の効率化とエンジニアリング品質の均一化ができる。さらに、CENTUMのデータベース上で、制御システムのエンジニアリング作業の元となる機能設計書や制御プログラムのマスター情報などが一元管理でき、プログラムの内容を更新した際に履歴管理も行える。

 主に、石油・天然ガス、石油化学、薬品、食品、鉄鋼などのプロセス産業分野の製造会社向けで、制御システムの構築、設置の際の工数の短縮、工期の削減などが可能だという。

photophoto (左)CENTUM VP、(右)N-IO入出力ユニット

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

FA | 横河電機 | FAニュース | 工場


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.