ニュース
» 2014年12月01日 16時29分 UPDATE

組み込み開発ニュース:コンテック、クアッドコアAtom搭載のファンレス組み込みPC

コンテックは、クアッドコアAtomを搭載したファンレス小型組み込みPC「ボックスコンピュータ BX-220シリーズ」を販売開始した。

[MONOist]
photo

 コンテックは2014年12月1日、クアッドコアAtomを搭載したファンレスの小型組み込みPC「ボックスコンピュータ BX-220シリーズ」を販売開始した。

 クアッドコアのAtom E3845(1.91GHz)を採用した組み込みPCで、筐体をファンレス・スリットレス構造とすることで設置場所を選ばず、IoTゲートウェイや産業用制御システム、キオスク端末、デジタルサイネージなどさまざまな用途に利用できる。

 OSはWindows Embedded Standard 7(日本語版もしくは英語版)で、ストレージは16Gバイト(CFast SLC)/32Gバイト(CFast MLC)/非搭載から選択できる。メモリは4Gバイト(ECC対応)を搭載する。

photo コンテック「ボックスコンピュータ BX-220シリーズ」

 さらに、独自の安定動作支援機能を搭載しており、OS動作不良やハングアップ時に自動的に再起動させる他、エラー発生時のログ保存といった機能も利用できる。なお、本機能の使用に際しては2015年2月より無償提供される専用ユーティリティが必要となる。

どうする? Windows XP移行問題:工場運営を支える「産業用パソコン」コーナーへ

「産業用パソコン」コーナー

製造現場は、かつてのようなクローズドなものから、標準かつオープンな環境へとシフトし、製造現場全体を最適化するための新たな仕組み作りが求められている。その中で重要な要素を担うのが産業用パソコンだ。「産業用パソコン」コーナーでは、Windows XP移行問題を含む「産業用パソコン」関連の最新情報をお伝えしています。併せてご覧ください。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.