ニュース
» 2014年12月02日 07時00分 UPDATE

FAニュース:日本アルテラ、JSLとの業務提携で産業用EtherCAT向けソリューションを拡充

新たに設計開発パートナーとしてJSL テクノロジーと提携したことで、FPGAベースのEtherCATの設計から実装までを包括的にサポートするソリューションが提供できるという。

[MONOist]

 日本アルテラは2014年11月13日、JSL テクノロジー(以下、JSL)との業務提携により、産業用EtherCAT(イーサキャット)向けソリューションを拡充したと発表した。新たに設計開発パートナーとしてJSLと提携したことで、従来の「Access IP」でのIPコアの提供に加え、FPGAベースのEtherCATの設計から実装までを包括的にサポートするソリューションをワンストップで提供できるとしている。

 現在、産業機器向けEtherCATは、大手企業による全面採用が相次ぎ、急速に普及・拡大しているという。日本アルテラでは、両社が提供する同ソリューションを利用することで、FPGAの柔軟性と長期供給という長所を負荷なく活用でき、ユーザー自身の設計に集中できるとしている。

 また、JSLが提供するデザイン・サービス、Cyclone V SoC向けEtherCATスレーブ用のSDK、Cyclone V SoC向けドライバ・パッケージなどの各種ソリューションを用いることで、信頼性と正確性の高い動作実装が可能になる。

 さらに、JSLのEtherCATスレーブ用SDKは、OS非依存(Non-OSにも対応)で簡単に実装できるほか、ブートローダー・FPGAに実装されるESC-IPとのインタフェースや各種ペリフェラル・ドライバ、スレーブスタックが簡単に実装可能な環境が提供できるという。

 今回の協業により日本アルテラでは、「同ソリューションを活用することで、ユーザーは自身の強みを発揮すべき設計に専念できるようになる」としている。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.