ニュース
» 2014年12月02日 15時55分 UPDATE

CADニュース:オートデスクが設計者育成を支援、教育機関向け無償提供が188カ国/地域に

オートデスクは、次世代の3D設計者/デザイナーの育成を目的に実施している教育機関向けの無償ライセンス提供が、世界188カ国/地域まで広がり、同社のアプリケーションが約80万校、およそ6億8000万人の生徒たちに利用されていると発表した。

[八木沢篤,MONOist]

 オートデスクは2014年12月2日、次世代の3D設計者/デザイナーの育成を目的に実施している教育機関向けの無償ライセンス提供が、世界188カ国/地域まで広がり、同社のアプリケーションが約80万校、およそ6億8000万人の生徒たちに利用されていると発表した。

 教育機関は、同無償提供プログラムを活用することで、企業の実務で利用されている最新のアプリケーションを、ライセンス費用を気にすることなく授業や自習で使うことができる。

 日本国内では、同年8月より教育機関版ならびに教員学生版ともに、無償ダウンロード提供を開始。さらに、日本の教育現場でのさらなる普及を目的とした、研究&授業支援プログラム「JCARE(ジェイケア)」の取り組みも行っている。

 同社は「今後も、豊かな発想でより良い世の中を作ろうとする次世代の設計者やデザイナーなどの育成を支援していく」としている。

関連キーワード

教育機関 | オートデスク | CAD


つながる、広がる、モノづくり――。「3Dモデラボ」

3Dモデラボ
3Dモデルデータ投稿・共有サービス「3Dモデラボ」。3Dモデルデータを共有し、

モノづくりの楽しさをシェアしよう!!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.