ニュース
» 2014年12月04日 14時59分 UPDATE

組み込み開発ニュース:スマホでコンテンツ作成できるデジタルサイネージ、東芝から

東芝ライフスタイルは「国内で初めて」(同社)、スマートフォンの専用アプリでコンテンツ作成できるデジタルサイネージ「スマホでサイネージ」を発売する。FlashAirを介したコンテンツ転送も可能だ。

[MONOist]
photo

 東芝ライフスタイルは2014年12月4日、「国内で初めて」(同社)スマートフォンの専用アプリでコンテンツ作成できるデジタルサイネージ「スマホでサイネージ」を同日より販売開始すると発表した。画面サイズは42型(42J8SNG-FS)と47型(47J8SNG-FS)を用意する。

 新製品はスマートフォンやタブレットの専用アプリにてコンテンツ作成を行い、コンテンツはセット提供される無線LAN機能搭載SDカード「FlashAir」を介してサイネージ本体へ送られる。

photo 「スマホでサイネージ」(出展:東芝)

 アプリには表示テンプレートが用意されており、手早くサイネージ表示用のコンテンツを作成可能。コンテンツには、スマートフォンやタブレットで撮影した写真を使用することも可能だ。アプリはAndroid用から提供を開始し、iOS用は2015年2月に提供開始予定としている。

photo スマートフォンを使ったコンテンツ制作(出展:東芝)
photo FlashAirでコンテンツをサイネージに転送できる(出展:東芝)

 サイネージ本体の液晶パネルは同社液晶テレビ「レグザ」で培った高画質化技術を導入、パッケージにはイーゼルスタンドも付属している。USBメモリからのコンテンツ再生も可能だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.