ニュース
» 2014年12月04日 15時28分 UPDATE

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:2020年にモノはつながり、ロボットは笑いかけるか

2020年。東京オリンピックが開催される年にロボットはあなたのそばで笑っていますか?

[MONOist]
モノづくり編集のこぼれ話

 この記事は、2014年12月3日発行の「電子機器設計/組み込み開発メールマガジン」に掲載されたMONOist/EE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。


 来年の話をすると鬼が笑うと言いますが、年末が近づいていますし、2020年の話をしてみたいと思います。

 2020年といってまず連想されるのが、1964年以来の開催となる東京オリンピック。都市の中心部で開催される大会を目指しているため、有明やお台場などの施設改修に関する話題を耳にすることも増えました。2014年12月3日に打ち上げが予定されている小惑星探査機「はやぶさ2」の帰還も、2020年末が予定されています。

 テクノロジーについてはどうでしょう。IDC Japanの市場予測によれば、世界のIoT市場は2020年に3兆400億円規模へ拡大するとされています。Apple Watchのようなウェアラブル端末の本格登場も控えていますので、スマートフォンが普及してネットワーク端末の数が爆発的に増えたように、街中や職場、家庭でインターネットに接続されるモノ(Things)の数は増え続けることでしょう。

 個人的に予想が難しいと感じているのはロボットです。

photo 「難しいなんて、そんなー」(棒)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.